2013年12月22日

芸達者な乙女たち 「第30回あかぎ寄席スペシャル〜年忘れ! 紅白笑合戦〜 立川こはると鏡味味千代の女子会! 2013/12/22


最近なかなか足が運べなかったあかぎ寄席。休日ということで久しぶりに。
夜の男子も聴きたかったけど、とりあえず女子のみで。

image
 
立川こはる・鏡味味千代『お囃子・笛 こはる』
鏡味味千代『平林』

仲入り

鏡味味千代 大神楽

立川こはる『宿屋の仇討』 


●立川こはる・鏡味味千代 オープニングトーク
会の趣旨と、今日はNHKの取材が入っていると案内。来年放送だそうだけど番組名は忘れました。
大神楽の味千代さんが落語に、こはるさんは曲芸ではなく笛に挑戦と。


●立川こはる・鏡味味千代『お囃子・笛 こはる』
味千代さんは太鼓でこはるさんが能管(横笛)いややややや。あんなに難しいもんだったんですね。片シャギリと二番太鼓だけでこはるさんヘロヘロ。立っているのがやっと、という感じ。
半年は音が出ないとか、唇の形によっては全く音が出ないとか、半端ないですよね。改めて春風亭一朝師のかっこよさの訳が分かりました。
でもちゃんと二曲吹ききったこはるさんも凄い。


●鏡味味千代『平林』
なんと落語に初挑戦。拙いと言えば拙いんだけど、まったく言いよどまない。リズムが損なわれない。アドリブも入れた。大したものです。芸人さんは凄いなあ。

 
仲入り


●立川こはる・鏡味味千代 トーク
落語芸術協会の大神楽と立川流の二ツ目落語家。年末年始の過ごし方も全然違うのですなあ。面白かったです。味千代さんの師匠がボンボンブラザースの鏡味繁二郎先生とは初めて知りました。「男のひとり暮らしだから」と弟子であっても部屋には入れてくれないんだとか。なんかカッコいいですね。
こはるさんは今年60ネタ300席やったんだって。凄い。来年は少し絞って一つ一つの質を上げたいとのこと。


●鏡味味千代 大神楽
初期あかぎ寄席ではけっこう失敗していたこともあるんですが、もう大丈夫。
天井も高くなったしね。
僕が好きな「くっつきの撥」は相変わらず素敵だし、二つの撥を顔に載せて毬を渡らせる「七夕」だっけ?横顔の美しさが際立つ。鼻筋がすーっと通った美人ならではの芸。結構です。


●立川こはる『宿屋の仇討』
最近では桂宮治さんの名演が心に残るこの演目、こはるさんのも良かった!こってりと爆笑をかっさらうのは宮治さん。一方こはるさんは江戸っ子的なちゃきちゃきした感じが大変に心地よい。惜しいトチリがあったものの、最後までその軽快さを失わずに語りきった高座には大満足。


それにしても30回。ちゃんと続いているのは素晴らしいこと。
いたちやさん本当にお疲れ様です。
これからもよろしくお願いいたします。

 

あの松之丞さんが落語をやるという、夜の部「男子会」に未練残しつつ退席。



m_shike at 22:46コメント(0)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第19回 雷門音助 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント