2013年12月07日

3人とも面白い 3人中2人が お江戸なまらく両国亭 馬るこ 鯉八 宮治 2013/11/30


この強力メンバー3人が前売り2000円。安すぎる。楽しすぎる。
image

桂竹のこ『権助魚』
桂宮治『七段目』
瀧川鯉八『やぶのなか』
仲入り
トーク
鈴々舎馬るこ『紺屋高尾』

3人中3人がNHK新人演芸大賞ファイナリスト
3人中2人が優勝
そして3人中2人が『シェアする落語』に出演! 
 

●桂竹のこ『権助魚』
この会で前に二回聴いたときは、噺に入ると勢いが空回りしていたけど、この日はしっかりかみ合って聴きごたえのある噺になっていた。稽古したのかな?


●桂宮治『七段目』
相変わらず忙しい中でちゃんとネタ増やしてますなあ。まだまだところどころ粗いけど、笑いはきっちり取るし、芝居仕立てのところも粗くてもちゃんと様になってる。はめものはテープなので、操作するほうは緊張するでしょうなあ。


●瀧川鯉八『やぶのなか』 
いきなり独創的なまくらの途中に、なぜかブザーが鳴ったり、さっきのはめものテープが流れてしまう不運。しかしながらこの人は動じない。いささかも乱れることなく自分のペースで自分の噺。
何度聴いても凄まじい。もっと多くの人に聴いてほしいので、
シェアする落語 : 【開催決定】シェアする落語 第5回 瀧川鯉八 2014/02/15(土) 

よろしくお願いいたします。


仲入り


●トーク 馬るこ・鯉八・宮治
馬るこさんのNHK新人演芸大賞受賞の話を中心に、宮治さんがしつこく絡み、鯉八さんが司会の役目をあまり果たさずニコニコ。


●鈴々舎馬るこ『紺屋高尾』
トークの最中に「今日も『平林』で」と言っていたので、「たっぷり!」と声をかけてみる「たっぷり、はい、わかりました」と、ガツンと大ネタ。嬉しかったですね。
馬るこさん独自の解釈と工夫が実にいい。
談笑師っぽい豪快な改作で知られる馬るこさんの、これは「気の利いた改作」。廓の人たちみんなが幸せになる、こんなにハッピーな落語はなかなか聞けるものではない。
楽しかった! 

image
 

久しぶりに打上げにも参加させていただき、終電まで飲んで帰ってきました。
来年もこの会は継続するそうで、もっと多くの人に来てほしいものです。

両国、わりと近いよ、みんな! 

m_shike at 20:00コメント(2)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ますめっど   2013年12月07日 22:53
仕事で行かれなかったんですよ。
馬るこさんの演目「紺屋高尾」って書いてありますね。
2. Posted by 4k    2013年12月07日 23:04
おーっとっと、何で文七なんて書いたんだろう。もちろん紺屋高尾です。訂正させていただきました。ありがとうございました。
馬るこさんの高尾は三浦屋のみんながハッピーになる噺です。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント