2013年09月24日

カーリング日本代表決定戦についての雑感 SC軽井沢と北海道銀行フォルティウスが五輪代表決定戦へ


忙しくて書くほどの情報も集めてないわけですが。
ファンとして一応メモ。
IMG_0507
IMG_2898

女子カーリング、熱い熱い日本代表決定戦|コラム|他競技|スポーツナビ
だいたいこのコラムの通りかなと。なので後は雑記で。

思えば、僕が観戦に行った今年4月の軽井沢国際のときから中部電力は少しおかしかった。確か決勝トーナメントであっさり敗退していたはず。



その後の第26回長野県カーリング選手権大会 でも3位。長野県で3位て。
松村・清水のリード・セカンド交代も、うまくいっていたらあまりやらないことなわけで。


一方で道銀フォルテウスは、同じ軽井沢で2位。韓国チームにぼろ負けした他は一つ一つの試合をうまくコントロールして決勝まで勝ち上がり、何か勢いは感じられた。
 軽井沢国際カーリング選手権大会2013
 軽井沢国際カーリング選手権大会2013

でもこの時点では、やはりこの三年間国内では圧倒的に強かった中部電力が行くんだろうなあ、と思っていた。

結果は予選1勝1敗。プレーオフ3勝1敗でフォルティウスの圧勝。

スキップ藤沢五月(22)は試合後「カーリングが好きなので今どん底に落とされた気分。この悔しい思いを次の大会にぶつけたい」と涙ながらに話した。  サード市川美余(24)も泣きながら「世界で挑戦することもできずに申し訳ない気持ちでいっぱいです。まだ人生は終わっていないのでここから頑張りたい」と話した。

スポーツだから当たり前なんだけど、なんと残酷なことよ。ほんとに、号泣しながら「頑張ってください」と小笠原と抱き合っていたもんなあ。

一方で勝者とて、ここまで茨の道。 
試合後の会見で小笠原は「嬉しさと同時に信じられない気持ち。復帰したことを後悔したこともあったが、結婚、出産を経てもカーリングが続けていけることを示していきたい」と話した。

カーママ小笠原「復帰後悔も」/カーリング - スポーツニュース : nikkansports.com 
この人はいつもフロントに立つ。スキップとしては珍しく、自らの感情を、喜怒哀楽を、その場で全て叩き付けながら、盟友、船山とともに茨の道を進む。最後の試合に勝った時のあの歓喜のうれし涙。あんなに感情を前に出せる人はいないですよ。
そのスキップについてくる小野寺・吉田・苫米地も、それぞれに凄いドラマを抱えながら、五輪への挑戦権を得たわけだ。

COLUMN コラム ≪ 北海道銀行フォルティウス | THE OFFICIAL WEBSITE OF HOKKAIDO BANK FORTIUS 


 思えば、トリノの頃はカーリングのためだけの大規模な施設なんて夢のまた夢だった。
それがどうだ。札幌と軽井沢、ほぼ二つ同時に立派な通年施設が完成し、こうしてNHKが生中継を組んでくれる。トリノでブームを巻き起こした小笠原・船山を筆頭に、多くの選手が頑張ってきたからこそ、企業や自治体、サポーターの方々がどんどん本気になってくれるようになった。企業名を背負い、こうした通年施設をホームとする2チームが決勝に来たのは偶然じゃない。日本のカーリングはここまで来た。


だからこの流れの中で女子が五輪出場権を逃すのは痛い。強豪国のように母親カーラーが活躍する姿を観たい。ドイツ・中国を含む7チームから勝ち上がるのはかなり厳しいけど、あの小笠原ならやってくれるんじゃないかと期待している。


そして、ほとんど話題にならないけどさ、ここでSC軽井沢がするすると勝ちか上がってソチで大暴れ、というのが、僕のひそかな夢なんですけど。


送信者


なんとか、なんないですかね。頑張ってほしいですね。



m_shike at 08:30コメント(0)トラックバック(0)カーリング  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第19回 雷門音助 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント