2013年07月09日

クールな天どん あったか正太郎 さいたま落語亭 その22 2013/06/30


このふたりの二人会なら是非聴きたい、けど土日に行くならここしか。ということで浦和まで足を運ぶ。
春風亭正太郎『寄合酒』
三遊亭天どん『木乃伊取り』

仲入り

三遊亭天どん『道具屋』
春風亭正太郎『千両みかん』

  
会場の浦和 市民文化センターは、隣の南浦和に似たような名前のホールがあってよく間違えられるそうな。正太郎さんも間違えたらしい。


客席は椅子で100くらい?もっとかな?結構埋まってました。

●春風亭正太郎『寄合酒』
今月子の二人の回が3回もあって、どれもトリは正太郎さんなんだそうだ。
まくらから既にこの人特有のふわっとあったかなムードが客席を包む。笑うだけでなく和む。噺はオーソドックスながら出てくる間抜け連中がどこか愛らしい。最近は立川笑二 さんの独創的な『寄合酒』にやられっぱなしだったので、ああ、こんな噺だったよねと思い出したりして。


●三遊亭天どん『木乃伊取り』
「正太郎は金持ち」ネタなどで笑いを取った後、僕の好きなこの噺へ。
前から言われていることだけど天どんさんはどこかシニカルでクール。清蔵のような田舎者丸出しの男でもあんまり汗の臭いがしない。それだけに噺の本質が浮かび上がるところが面白い。途中CDによるはめものがタイミング間違えて合わなかったのだが、これもうまく処理してしまう。達者。


仲入り


●三遊亭天どん『道具屋』
「はめものが合わなかったのは正太郎がいつも使っている高級オーディオと操作が違ったせい、でも金塊貰ったから許す」とか、相変わらずのいじりから、後輩にトリをとらせて自分は膝で軽い噺。

しかしこの道具屋が良かった。やはり汗の臭いを感じないさらりとクールな演出で、でもしっかり滑稽噺。
「こんな与太郎もありなんだ!」という驚きがあった。僕は天どんさんの『鰻の幇間』が大好きだったんだけど、これはもっといろいろ聴いてみないとなあ。


●春風亭正太郎『千両みかん』
まくらははめものを間違えた理由など。CDを入れ間違えたと。
そしてトリに相応しい夏の噺。これが良かったねえ。 この難しい噺をしっかりやりきる力は大したものだと思う。安請け合い→怖がる→悔やむ→へとへとになる→錯乱する→驚く  といった番頭の心の動きがしっかり描かれているから、最後ドロンに至るところに説得力がある。
ひょっとしたらこの噺のキモかもしれない、みかん屋『万惣』(だっけ?)のセリフにもしっかり重さがあってとてもいい。

確かな技術と、どこか愛らしい人物の描き方が大変に心地よくて楽しめた。でもまだ更に進化するんだろうな。 

で、というわけで!

 
シェアする落語 第4回  春風亭正太郎 - Tackk

次の『シェアする落語』は正太郎さんにご出演いただきます!
9月14日土曜日14時開演!
_E6R1040ツゥTH


ご予約お待ちしております

m_shike at 21:30コメント(0)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント