2013年06月16日

グレーンウイスキーが飲めるなんて!ニッカ カフェグレーン


これ出ちゃうんですねえ。凄い。


ニッカ カフェグレーン|商品紹介|NIKKA WHISKY
皆さん、グレーン飲んだことあります?
 

こんなブログに来る方には耳タコかもしれませんが思いますが、一応おさらい。

スコッチと、これを模範としたジャパニーズ・ウイスキーはモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドした「ブレンデット」 のスタイルが一般的です。

最近になって、モルトウイスキーだけを飲むケースが増えてきましたが、生産量で行ったら圧倒的にブレンデットです。

この場合のグレーンウイスキーは、言ってみればモルトの引き立て役で、ウイスキーとしての個性は抑えられており、モルトのような単式のポットスチルを使わず、効率のいい連続式蒸留器でガンガン作って安く上げる、というのが一般的みたいです。

ニッカ創業者の竹鶴正孝は、わざと旧式で効率の悪い「カフェ式蒸留器」を採用することで、グレーンウイスキーにも独自の風味を残し、ブレンデットウイスキーの味に奥行と余韻を残すことに成功しました。これ、今でも宮城峡蒸溜所(仙台工場)で稼働しています。


この宮城峡蒸留所の売店スペースの横にある有料試飲コーナーはとにかく楽しいところで。


 ニッカ仙台工場・宮城峡蒸溜所を見学(2):裏[4k](ura_shike)落語・酒・デジタル など


余市モルトと宮城峡モルトをブレンドして、そこに数滴宮城峡グレーンを垂らすと絶妙の味になる、なんて実験をさせていただきました。グレーンは単独で飲んでもおいしく、モルトと混ぜるとまた絶妙だったのです。

あくまでブレンデットの材料であり、それ単独で飲むことはほとんどないグレーンウイスキーの実力をまざまざと見せつけられました。今までグレーンを軽く見ていたこと反省し、お土産に一本買ってきたのでした。

しかしまあ、軽く見るも何も、ほとんど店頭にありませんでしたからねえ。


それが今回の新発売。

まだ飲んでませんが、楽しみなのでございます。 



m_shike at 19:07コメント(0)トラックバック(0) | ウイスキー 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント