2013年05月20日

異端の調和 なまらく両国亭 立川こしら 瀧川鯉八二人会 2013/05/18


船橋から両国までは総武線で一本。


立川がじら『寿限無』
立川こしら『湯屋番』
瀧川鯉八『やぶのなか』

仲入り

立川こしら・瀧川鯉八『対談』
瀧川鯉八『カエル』 
立川こしら『小言幸兵衛』 

2013年07月20日21時37分42秒.jpg



●立川がじら『寿限無』
普通に真面目に前座でした。ほんとは『死神』掛けたかったらしい。


●立川こしら『湯屋番』
火焔太鼓に続く妄想爆発路線。それも湯屋に行く前にすでに一回妄想が暴走し、番台に上がってからさらにラブコメになったりアクション・サスペンス・ホラーと畳み掛ける妄想。


●瀧川鯉八『やぶのなか』
傑作ですよねえ。会話の妙を全て捨て、心理の妙を独白で見せ付ける。いま一番「新しい落語」をやろうとしているのは瀧川鯉八です。語り口もブレがなく安定して絶妙。また、4人を演じ分ける膝の動きが素晴らしい。

ここに入っているのでぜひ聴いてください。
新宿末廣亭深夜寄席 ~百花繚乱編~
柳家わさび・古今亭菊六・笑福亭里光・瀧川鯉八
avex trax (2012-07-25)
売り上げランキング: 190,356


仲入り

●立川こしら・瀧川鯉八『対談』
二人の喋る間がぜんぜん違うのだけど、不思議な調和があってなかなか。話題の連続テレビ小説『あまちゃん』の話を鯉八さんが展開しているのが妙に面白く。鯉八さんも言っていたけど、こしら師はラジオの経験からフリートークのまとめ・終わらせ方がかなり上手い。とにかくまとめて終わらせちゃう。


●瀧川鯉八『カエル』 
『都のジョニー』に続くアニさんシリーズ。いいですね。寅さんなみにシリーズ化して欲しい。こちらは「人間の小ささ」といういつものテーマがやや薄く、代わりに言葉遊び的要素が強くなった。こんな鯉八さんもいい。寄席でも受けそうだ。もう一回聴いてみたい。

●立川こしら『小言幸兵衛』 
またも妄想爆発路線。途中からシェイクスピアになるあたり、例によって大爆笑なんですけど、出来れば妄想爆発路線は二つのうち一つにして『元犬』『桃太郎』『禁酒番屋』みたいな設定の奇想天外さで聴かせる噺をもうひとつ、のほうが客は楽しいかな。


ちなみにこの会、お客さん増えてきたそうです。異端の奇才が2人出てきても、トークコーナーができたこともあり落語会特有の調和のようなものが感じられて楽しかった。次回は10/27。

m_shike at 21:30コメント(0)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント