2013年05月13日

トワイスアップをはやらせよう。サントリープレミアム角瓶


またまたご招待いただき、5/21に発売となる、サントリープレミアム角瓶の大試飲会に行ってきた。
 130509プレミアム角瓶大試飲会


菅野美穂からのメッセージビデオが流れ場内騒然としたが、どちらかというとチーフブレンダー福與伸二氏の登場の方があたくし的には盛り上がる。
 130509プレミアム角瓶大試飲会


創業者にして初代チーフブレンダー鳥井信治郎
 130509プレミアム角瓶大試飲会

今までの角では少ししか使っていなかったシェリーを増量し、ワイン樽の原酒も加えたと。
 130509プレミアム角瓶大試飲会

とまあ、いろいろお話をお伺いして、さっそく試飲。
 130509プレミアム角瓶大試飲会

なるほどねえ。この価格帯のプレンデッドでここまでやりますか。
 130509プレミアム角瓶大試飲会

簡単に言うと、どんな飲み方にも対応できるやたらとオールマイティなウイスキーです。
「スタンダードなのに個性的(後味にちょっと癖がある)」角瓶とは違う。角瓶の姉のような味かな。ロックでもストレートでも楽しめる。

そして、一番うまいのが、何とトワイスアップ。常温の水と一対一。

これはびっくり。

ウイスキーのおいしい飲み方 ウイスキー入門 サントリー サントリー
おそらくワイン樽由来と思われる華やかな甘さがふんわり広がって、とても優しい。ウイスキー飲み慣れていない人でも、かなりの通でも楽しめるのではないか。

ちなみに会場でトワイスアップが提供されていたわけではない。ブロガーたちが勝手にストレートのグラスに水を入れて「これはやばい」「凄いね」と、称賛していたと言う話。
これをきっかけに、ネットの方からトワイスアップが流行るとすっごく面白いんだけど。

 130509プレミアム角瓶大試飲会
 130509プレミアム角瓶大試飲会
 130509プレミアム角瓶大試飲会


キャップがちょっと違う。
 130509プレミアム角瓶大試飲会

あと、ブランド展開的に「角」のプレミアムってどうなんだろうなとも考えた。
「角」はサントリーを代表する老舗ブランド。 それをプレミアムと拡張するのは危険といえば危険。ブランドコンセプトがぼやけてしまう。

飲んでみた限りは「しっかりしているけど気楽に付き合える」という「角ブランド」はちゃんと守られている。となるとリザーブ・オールドあたりのプレンデッドとのバッティングをどうするのかな、という点が気になった。


まあともかく、2000円でこんなおいしいプレンデッド・ウイスキーが頂けるのだからいい世の中になったものだと思う。
多くのメディアはハイボール(レモンなしがよい)とロックを推奨しているようだけど、僕はあえて「最高の費用対効果でトワイスアップが楽しめるウイスキー」としてこの「プレミアム角瓶」をお勧めしたい。

一方で、 定番のくせして、どこかやんちゃな味わいで、ハイボールにすると癖の強い料理とも合ってしまうような「角瓶」との付き合いも、たぶん終わらないと思う。

m_shike at 03:26コメント(0)トラックバック(0) | ウイスキー 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント