2013年05月06日

軽井沢国際カーリング選手権大会2013観戦記(6)2013/04/20予選10


前回の続き。

 画像データにSDカードの中身をNexus7に移そうとしてなかなかうまく行かず、あたふたしながら昼食。『パイプのけむり』の朝食バイキングで食い過ぎたので、昨日同様お稲荷さんを2パック。うち一つはセットにして味噌汁と一緒に頂く。

image
しめて300円。安い!

最後の予選もまたどのシート観たらいいのか迷う。
SC軽井沢のスウィープ 軽井沢国際カーリング選手権大会2013
まずはSC軽井沢-中国、チーム東京-スイスを撮影。中国はジュニアも混ざった混成チーム。


チーム東京・渡辺の笑顔に癒されつつ
チーム東京 スキップ渡辺 軽井沢国際カーリング選手権大会2013


SC軽井沢サード山口・リード両角 軽井沢国際カーリング選手権大会2013
すぐ半袖になっちゃうSCの気合入ったスウィープに見入る。

 遠くでは道銀フォルティウスがなぜかぼろぼろの展開。                                                                
道銀サード船山 軽井沢国際カーリング選手権大会2013

SCは連続スチールで中国を寄せ付けず完勝。スイスはまあ貫禄勝ちかな。

チーム倉敷は残念ながらNZに敗れた。
チーム倉敷 軽井沢国際カーリング選手権大会2013

NZと倉敷 軽井沢国際カーリング選手権大会2013


最後に、EEまでもつれたZEARTH(ゼアス)とチーム帯広の試合も面白かった。勝ったほうがタイブレーク進出という重要なゲーム。
ここまで来るともう撮影はいいやという気分になり、やっと純粋にゲームを楽しめた。  
ゼアス 軽井沢国際カーリング選手権大会2013

最後は帯広が1点スチールで勝利。
この試合をもって自分の観戦はすべて終了。

アイスメイクを少し見学させていただき。
 軽井沢国際カーリング選手権大会2013

戻ってくると道銀フォルティウスがNZ男子チームと談笑。
 軽井沢国際カーリング選手権大会2013(DX100)

お話ししてみたい気持ちを押さえつつ、会場を後にしたのでした。
 軽井沢国際カーリング選手権大会2013

とりあえずおしまい。

m_shike at 19:00コメント(0)トラックバック(0)カーリング  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント