2013年05月06日

軽井沢国際カーリング選手権大会2013観戦記(5)2013/04/20予選9


前回の続き。
IMG_1972

さて翌朝。『パイプのけむり軽井沢』からバス停「鳥井原中央』まで歩き、町内循環バスで軽井沢アイスパークへ。気温は10度切っていてまるっきり冬だけど、風がないのでそんなに辛くない。
 
朝の試合は、またどれを観たらいいのやら。
とりあえず今回撮影できていない中部電力からスタート。
 
中部電力 リード 松村 軽井沢国際カーリング選手権大会2013
力強いスウィープと、たまに転ぶことで有名です。
 

前回(軽井沢国際2010)で中部電力のキャプテン市川美余を撮影しまくってネットにアップしたら、2chからまとめサイトからまあパクられまくり、何だか分かんないけど勝手に自分のFlickrに入れている奴とかいて無茶苦茶だったので、とりあえず今回はクレジット入れてみた。まあ、おまじないみたいなもんです。
長岡コーチ(中部電力/SC軽井沢) 軽井沢国際カーリング選手権大会2013
手掛けたチームが男女とも日本選手権を制した長岡はと美コーチ。
ストップウォッチは欠かせませんね。選手も全員持ってる。

ここでまた比較シリーズ。
中部電力スキップ藤澤五月(2013) 軽井沢国際カーリング選手権大会2013

中部電力スキップ藤澤五月(2010) 100130軽井沢国際カーリング大会2010

 中部電力のスウィープはやはりパワフル。
松村・市川(中部電力) 軽井沢国際カーリング選手権大会2013

市川のデリバリー(中部電力) 軽井沢国際カーリング選手権大会2013
試合はわりと早めに終わっちゃって、隣のチームフジヤマ対札幌国際大に移動。
こっちの方がはるかに面白く、最初から見ておけばよかった。

動画で見ていただきましょう。撮影されたのは現場で知り合った三重太郎 改め 大津伸太郎 (nobitapa)さん。

このエンドはホントに面白かったなあ。ま、チームフジヤマがラストエンドにクリーンなゲームにしなかったのが敗因ともいえるわけですが、最後まで目が離せない展開、最後は吉村が実に見事なダブルテイクアウトで劇的逆転勝利。 

それにしても家庭用デジタルビデオカメラと一脚だけで、よくこんなの撮れますね。
凄いですよ。
 
札幌国際大 軽井沢国際カーリング選手権大会2013

札幌国際大スキップ吉村 軽井沢国際カーリング選手権大会2013

チームフジヤマ リード/セカンド 豊田莉子 軽井沢国際カーリング選手権大会2013

チームフジヤマ サード/フォース 園部淳子 軽井沢国際カーリング選手権大会2013

チームフジヤマの4人スイープ 軽井沢国際カーリング選手権大会2013


 札幌(チーム阿部)もう少し写したかったなあ。
チーム札幌 リード佐藤浩(長野五輪出場) 軽井沢国際カーリング選手権大会2013

 この辺りでカメラのメモリがほとんどなくなっちゃった。

続きます

m_shike at 18:00コメント(0)トラックバック(0)カーリング  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第19回 雷門音助 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント