2013年01月28日

安すぎる! 第十回宮治展 桂宮治 ゲスト立川らく兵 2013/01/26


はあ、笑い疲れた。

西荻窪駅北口から徒歩1分。八百屋の二階にあるお洒落なカフェ風スペース『Galleryk | info』が会場でして。

image

桂宮治 まくら40分(小三治もどき) 
桂宮治 『長短』
立川らく兵『洒落小町』

お仲入り

桂宮治『親子酒』  



●桂宮治 まくら40分(小三治もどき) 
 とにかくまくらが長い長い。半分以上ここには書けない悪口なんですが、
はあ、笑い疲れた。

40分とあるがもっと長かった気がする。
7割くらいは人の悪口w
特に芸協内輪話が面白すぎる。前座さんたちの馬鹿話とか。

その合間に
「もう今日はいいんです。らく兵兄さんがちゃあんとやってくれますから。芝浜とか。ええと『文七芝浜元結寿限無』というのをやるそうです」

と、メチャクチャな振りをしつつネタ下ろし『長短』へ。


●桂宮治 『長短』
これでネタ下ろしなのかなあ。例によってレベル高い。
すげえもんだ。

特に表情と仕草が素晴らしい。饅頭を食うあたり、後ろの方から「うまいなあ」という声にならない呟きが聴こえたくらい。
ほんとに細かいところをきっちり創りこんでる。

確かに、まだまだ噺をなぞっているように聴こえるところはあったけど、ここからどうやって進化させていくのか楽しみ。 


●立川らく兵 『洒落小町』
「ちょいとおまいさん、起きとくれよ。知らない人に五十両ぶつけてきて、芝の浜に行ったら今度は四十二両入った革細工拾ったんだっておまいさん。うちの寿限無寿限無……できるかっ!」

いやー無茶振り受けてよく頑張った。ドカンドカン受けていた。

「宮治さんは、噺も凄いし気配りも素晴らしい。個人的には、抱かれたい落語家ナンバーワンです」楽屋から顔出した宮治さんは「気持ち悪いよ!」

とか何とか、そんな感じで噺の方へ。この噺は任に合ってるねえ。
志らく師のよりも好きかも知れない。師に音痴だ音痴だと言われる割に『豊竹屋』みたいな歌の入る噺が面白いんだよなあ。『サンマでサンバ』(オリジナル?トリロー先生?)を二回も挿入してきて、おかしくてしょうがなかった。


お仲入り 
 らく兵さんは両国亭の台所鬼〆さんとの二人会へ。 
 

●桂宮治『親子酒』 
お母上の飲みっぷりの話などでまた強烈に場をヒートアップさせた後で噺へ。これまた酒飲みの意地汚さをあれだけこってりやりながら、重く汚い感じはちっともしない。ただただ親父が飲む酒がうまそう。

落ちにかけての息子の方は、ちょっと展開が汚くてあまり感心したものではないが、トントントーンと軽快に進むので嫌な感じは残らず。

こちらも、これからの手の入れようはいろいろあるにしても、寄席で掛けられるネタになるでしょうな。



しかし、実質三席+ゲストで、これだけの落語でさんざん楽しませてもらって1000円というのは破格ですな。ネタおろしなのでグダグダになるかもしれないということらしいけど、今回はそんなのみじんも感じなかったしなあ。

「次回から値上げさせていただき、1200円とさせていただきます」と主催の方が申し訳なさそうに、いや、もっと上げても大丈夫だと思いますよ。

懇親会には参加せず失礼させていただいたが、そのまま会場でやるのだそうです。たのしそうだ。

次回は5月だそうです。
 image
image



m_shike at 09:30コメント(2)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by U太   2013年01月28日 22:07
5 「親子酒」のあのサゲはあれ一回限りのようです(by宮治さん)。確かにあの内容で千円というのは本当に申し訳ないレベルですよね。200円どころか500円アップでも全然良いと思います。
2. Posted by 4k    2013年01月28日 22:31
サゲはまあそうでしょうねえ。価格については、深夜寄席より安いと思いました。次回もぜひ行きたいです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第19回 雷門音助 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント