2012年10月13日

なぜ僕は落語の感想を書いているのか


お客様が評論家である。素人の評ほど大切なものはない。

だからもし、寄席、いや、落語演芸、何でも、批評を書くチャンスがあったら、どなたでもじゃんじゃん書いていただきたい。
われわれにとって間違ったことでも、何でもいい。
もし、間違われたら、そう受け取らせた、われわれの責任なのだから。
思ったとおりのことを、パリバリ書いて下されば、それが何よりの、落語界への貢献になるのだ。

※『落語の世界』五代目 柳家つばめ (河出文庫P.235)より


落語の世界 (河出文庫)
4309409962
ま、いいわけに使わせてもらっているわけですけどね。

m_shike at 10:30コメント(2)トラックバック(0)落語 | 書籍 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by K   2012年10月15日 23:54
ああ、私もその本読みました。噺家さんが皆さん、そう考えてくれれば良いのですけど、中には攻撃的な方もいらっしゃるみたいなんで、なかなか書くのは勇気が要りますね(笑)

ヘタレな私は4kさんを始め2,3の信頼出来る方のブログやTwitterを見ながら頷いたり、首を傾げたりするのがせいぜいです(笑)
2. Posted by 4k    2012年10月16日 00:30
まあ、落語界に貢献したいとはあんまり思いませんが、面白い落語会で空席があったら、次回埋めたいですね。そんな思いで書いています。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第19回 雷門音助 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント