2012年09月23日

第一回左談次一門会 談奈 談吉 2012/09/22 #rakugo #落語


談吉さんが入って三人となり、一門会の開催と相成りました。めでたい。 sadanji_ichimon
立川談吉『よかちょろ』
立川談奈 『勘定板』
立川左談次 『阿武松』


スタジオフォーは初めて。都電の新庚申塚から歩いてすぐだけど初めての人は迷うかもね。
都営地下鉄なら西巣鴨。いちおうJR巣鴨も徒歩圏内。
こじんまりとしていい感じの会場だけど、一番前に座っちゃったので後ろからの様子はちょっとわからない。お客は結構入ってました。


で、開始前からこんな感じ。



大変だねえ。

●立川談吉『よかちょろ』
上記のような事情を盛り込んだまくらで軽く客席を温めて、お馴染みの噺へ。「お馴染み」って書いちゃったけど初めて聴く人も多いだろう。
僕は何度も聴いてもニコニコ・ニコニコしちゃうんだけど他のお客さんどうでした?


●立川談奈 『勘定板』
談吉さんのまくらから繋いで、一門全員だらしないという話から、日本国中のお国ことばについての話を披露のうえで『勘定板』。談奈さんのさらっとした芸風だと、苦手なこの噺も嫌味なく聴けるところはある。あとで師匠からミスチョイスだと言われてましたが。
岡谷の太鼓祭り司会で痛めた喉はだいぶ快復したけど、完全には戻らないそうだ。むしろ今の声を生かした噺を覚えて掛けて欲しい。


●立川左談次 『阿武松』
「うちはゆるいですから。師弟というよりは歳の離れたお友達といった感じで」。二人の弟子についてのあれこれ。スポーツ関係の話から、個人的には今年四回目となる 『阿武松』 。 そう、個人的に、だ。今回初めて聴いた人も多いんだろう。

「大したものじゃない、寿限無と同じ口慣らしの噺です」とか左談次師は言っていたけど、そんなことないでしょう。単純な仇討の噺ではあるけど、 徒弟関係の厳しさ難しさが前提にあって、でもあんまりそこが浮かび上がらないようにする加減は難しいのではないか。素人のいうことですけどね。こんなの。
 
『五人廻し』や『本読み』が聴きたいなとも思うけど、不思議なことにもう一回くらい  『阿武松』もいいかなあと思っている自分がいる。


というわけで、今後この会は定期的に開催されるそうで次回は12月15日だそうだ。 
今回は今回で楽しかったけど、せっかく三人というやりやすい人数なのだから、三人で連携して何か趣向を凝らしても面白いのではないかと思った。談奈さんと談吉さんで考えて師匠を乗せちゃうわけにはいきませんかね。

はねた後は会場で椅子を並べ替えて打ち上げに。
またしたたかに飲みすぎました。バカだなあ>じぶん
いろんな楽しい話が聞けたけど、さすがに最近体力に自信なく、二次会は遠慮しました。0時近かったし。


8810d9aa.jpg
スタジオフォーの看板。


関連記事:


m_shike at 22:00コメント(4)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by K   2012年09月23日 22:31
ちょいと用事があって、行きたかったけど行けなかったんですよねェ…
ちなみにお客さんどのくらい入ってました?人数次第によっては次回、万難を排して参加しますので(笑)
2. Posted by 4k    2012年09月23日 23:35
お客さんさんは、よく分かりませんが8割くらいでしょうか。盛況でしたよ。
3. Posted by i10k2   2012年09月27日 17:05
お客さんは34人です。(志の輔等での消防法maxは60数名だと思いましたが。)
用意した椅子はほぼ埋まっていました。
打ち上げは一門3人も入れて総勢17名でした。
4. Posted by 4k    2012年09月27日 23:53
貴重な情報ありがとうございました。うーん正直もっと入っていると思ってました。仰るとおり席埋まってましたし。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第19回 雷門音助 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント