2012年09月05日

小さな旅と落語と 第4回メセナ落語@館林 立川談四楼・立川志らく二人会 #rakugo #落語


IMAG1228
昨年に引き続きこの会にご招待いただいた。ありがたい。
浅草松屋で弁当買って、談四楼師の小説によく出てくる「りょうもう」に乗ると、いい感じに旅気分。すぐ着いちゃうけどね。

立川寸志『まぬけ泥』
立川がじら『山号寺号』
立川談四楼『天狗捌き』
立川志らく『短命』
仲入り
立川志らく『死神』
柳家小菊『俗曲』
立川談四楼『人情八百屋』



●立川寸志『まぬけ泥』
弟子入りからそろそろ一年。最初からうまかったけど、また一段とうまくなりました。
この人の初高座を聴いているってのは、あとで自慢できるなあ。


●立川がじら『山号寺号』
初めて見た。まだ前座らしい前座ですけど、やっぱりどこか志らく師に似ているところがなんか微笑ましい。芸名はDr.スランプのガッちゃんから。


●立川談四楼『天狗捌き』
この芝居の座長として会の紹介、メンバーの紹介をした後のまくらで「群馬弁の女性が海外で」というエピソードが大爆笑を巻き起こした。割とスタンダードな方言ネタなんだけど、押し引きのメリハリが効いてとても面白い。噺はお馴染みのネタを手堅く。ウケていましたが、ウケるだけでなく、次の志らく師への下地を作っているような気もした。


●立川志らく『短命』
平成中村座での談志追悼以来か。ま、某所でご挨拶したこともあったな。
まくらの面白さは相変わらずで、特に先代圓楽師のエピソードは可笑しすぎる。志らく師先代圓楽師好きなんだよね。『全身落語家読本』に出てくる。

笑点のキャラはどこへやら。五代目圓楽はほんとに変な人だったらしいけど、まさか高座から客を怒鳴りつけて泣かせた(!)後あのネタをかけるとは。そのときも演じながら自分で泣いたのかしらん。

噺のほうはもちろん爆笑の連続ですが、 必要以上にエグくなったりマニアになったりせず、客の世代や雰囲気にピタリと合わせてくるのが凄いなと思った。


仲入り


●立川志らく『死神』
初めて志らく師を聴いたのがこの噺。
この時も今回もまくらで政治家ネタを振り、これを死神のイメージに見事に結び付けた。ややイメージの固定化されてしまうとはいえ、分かりやすいでしょう。独自のしぐさ落ちもピタッと決まってお見事。ちなみに「あじゃらかもくれん」は北朝鮮ネタでした。


●柳家小菊『俗曲』
三味線で弾き語り、こういう芸は残念ながらホールには似合わない。
残念ながら太鼓もない。
というハンデあるのに聴かせてしまうのが小菊さん。
何度も何度も聴いた曲でも、楽しく、時にうっとりするほど艶っぽく。
『さのさ』が好きですなあ。

次の談四楼師が「実は同い年なんです」と仰った時の場内のざわめきが凄かった。
いや僕もびっくりしました。「美魔女」なんてのは小娘みたいなもんだね。はは。


●立川談四楼『人情八百屋』
家元を偲んで、教わったこの噺を。
たぶん談四楼師にしてはいい出来ではない。声の調子が良くなかった。
それでも聴かせてくれた。泣かせてくれた。
火消しの頭がいいんだ。 こういうのを聴くと江戸っ子に憧れる。
勘当された若旦那が出てくる『唐茄子屋政談』も落語っぽくて好きだけど(志ん生師のとかね)、悲劇と人情に焦点を絞ってしみじみと聴かせるこの噺が好きだ。

この噺、『ぼんぼん唄』そして自作『一回こっくり』、談四楼師の人情噺に出てくる子どもが可愛くて、抱きしめたくなる。柄にもなく。

ちなみに家元が浪曲を元に作った噺だそうで、浪曲種の落語というのは珍しい。ただし辿ると講談だとか。
この辺の事を考えたのか、談志師が「人情八百屋」と言う噺を残しています。 元は浪曲で、春日清鶴と言う方の「頭と八百屋」から落語にしたそうです。その浪曲の元はやはり講談の 大岡政談の「伊勢の初旅」の冒頭だと言う事です。

善行は難しいね。 : はじめのブログ

終演後、懇意にしていただいている地元の方々に館林を案内していただき、飲み会にも混ぜていただいた。落語と小旅行がセットになった、楽しい一日だった。
ちなみに談四楼師と志らく師の関係については、落語ファンの新しい必読書『談四楼読本』の中に収められた志らく師のエッセイに描かれているので、皆さんぜひ読んでください。
486171091X

リンク
立川談四楼・立川志らく二人会|しんのじょうの徒然日記

m_shike at 22:15コメント(0)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント