2012年07月05日

談吉・宮治なので2回見ました 第12回あかぎ寄席 2012/06/30 #rakugo #落語


あかぎ寄席に行くときは、なぜか天気がいい。気持ちいい。
IMG_6814

そして今回は立川談吉さん、桂宮治さんと僕の好きな人が二人も出る。
ということは三回とも観てもいいんだけど、用があったので「談吉トリ」「宮治トリ」を押さえることに。
第一部
桂宮治 雑俳
昔昔亭A太郎 悋気の独楽
仲入り
鏡味味千代 太神楽
立川談吉 よかちょろ

第二部
昔昔亭A太郎 粗忽長屋
立川談吉 三年目
仲入り
鏡味味千代 太神楽
桂宮治 片棒



■第一部
開始時、客席わずか7人。なぜだ、こんな豪華メンバーなのに!

●桂宮治 雑俳
例によってまくらから、あの通る声でまくしたてるまくしたてる。
途中まで道灌と思わせておいてこの噺へ。
軽くとちってもテンポが切れないから笑いが止まらない。
お見事です。

途中から客増える。つばなれしたかな。

●昔昔亭A太郎 悋気の独楽
宮治さんを称賛しながら、師匠をしくじった話などわりと面白いまくら。
いつもスムースに行きすぎていまひとつ馴染めないA太郎さんであるが、女性二人に定吉が入って喋るテンポが変わるせいか、前より楽しかった。

仲入り

●鏡味味千代 太神楽
やはりこの狭いところで太神楽は大変なのよ。ただ見ているほうは目の前で上へ上へと茶碗がつみあがって扇子抜きしたりするのを凄い緊張感で楽しめるのよ。
他にも、お客様ひとりあげて「手拭い立て」(顔に立てる)を体験してもらったり、工夫があってよかったです。

●立川談吉 よかちょろ
何回目かなあ。何度聞いても楽しい。何度も同じことを書くけど、談吉さんのこの噺は「音楽」だから多少ミスしてもリズムがあって、メロディが戻ればなんてことなく楽しめちゃう。本人は出来に不満だろうけど、僕は満足です。

■第二部
●昔昔亭A太郎 粗忽長屋
やっぱりスムースすぎるというか、変化が欲しいな。

●立川談吉 三年目
まくらで引っ越しの話、なぜか「家賃安いと思ってるんでしょ!そうなんでしょ!」意味なく客にかみつく。可笑しい。まくらでそんなにあわてなくていいのに。
「いいですねえいきなり死ぬ話、じゃあたくしも続いて死ぬ話で」と三年目。この噺談吉さんでは初めて。
もう贔屓の引き倒しになりかけているけど、楽しいのですよ。流れるような抑揚がたまらない。ニコニコする自分が少し不思議になるくらい。

仲入り

●鏡味味千代 太神楽
出し物を半分くらい入れ替えての二回目。傘の金輪まわして天井にぶつける。低いんだよねえ。お疲れ様です。

●桂宮治 片棒
また似合いのネタを持ってますねえ。突っ込みどころがないくらい上出来。特にからくり人形の顔!ちょっと平治師に似てましたな!祭囃子も賑やかに、実にどうも大したものです。

二回目は一回目よりやや客が増えたけど、それにしたって20はいない。これだけのレベルの演芸を1500円で間近で体験できて、貰ったチケットで帰りにカフェでコーヒー飲めるんですよ。コストパフォーマンス驚異的でしょ。

あかぎ寄席は来月から4回連続スペシャル企画、神田松之丞さんの二つ目昇進披露目で、こはるさんも戻ってくる。
ぜひ足をお運びくださいな。



m_shike at 22:30コメント(0)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第19回 雷門音助 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント