2012年07月01日

ブロガーご一行をご案内 新宿末廣亭6月下席・夜の部(落語協会) #rakugo #落語


かつて仕事がらみでお世話になっていたブロガーの方々とチャットしていたら「落語に興味がある」という方が何人も出てきたので、じゃあ行きましょうかと。
代演だらけ

昨年、勤め先で実験してみて分かったことだけど、初めて生の落語を聴く方を連れて行くのはとても難しい。
でも今回は日程の都合もあり、あまり悩むこともできずに末廣亭に。

小三治師の代演、さん喬師でした。これはラッキー。
前から四番目に着席。まずまず。

新宿末廣亭6月下席・夜の部(落語協会)
途中18時から(2200円)

柳家小袁治『長短』
柳家はん治『ぼやき居酒屋』
江戸家猫八・小猫『動物物まね』
柳家禽太夫『ちりとてちん』
柳家小団治『蛙茶番』

お中入り

桂ひな太郎『六尺棒』
大瀬ゆめじ うたじ『漫才』
五街道雲助『豆屋』
柳家小燕枝『小言念仏』
鏡味仙三郎社中『太神楽』
柳家さん喬『船徳』




●柳家小袁治『長短』
まくらの途中で着席。最初に聴く噺が初心者でもわかりやすいもので助かった。「長」のほうに何とも味わいがあっていいっすね。

●柳家はん治『ぼやき居酒屋』
前に聴いたときと一字一句違わぬまくら(新幹線)と噺。うまいと思うけど、もうちょい声が大きいほうが好みではある。

●江戸家猫八・小猫『動物物まね』
めくりは猫八。小猫を呼び込んで子弟親子の競演。小猫さんが「知られていない動物の物まね」をやるあたり面白い。誰も似ているかわからないという。

●柳家禽太夫『ちりとてちん』
スパッとまくらなしで噺へ。押しすぎないのが持ち味か。

●柳家小団治『蛙茶番』
半チャンが岡惚れしている「みい坊」が出てこない型があるんですね。
若手に多い「ウケ狙いすぎて濃い目の演出」を避けて、江戸の雰囲気を大切にしているところが魅力かな。

お中入り

●桂ひな太郎『六尺棒』
申し分なしです。他にもいろいろ聴いてみたい。

●大瀬ゆめじ うたじ『漫才』
懐かしい東京の漫才。寄席ならではですな。

●五街道雲助『豆屋』
こういう軽い、たわいもない噺を掛けるときの雲助師もいいんですよねえ。大好きです。

●柳家小燕枝『小言念仏』
念仏唱えながら泥鰌を負けさせるところで雲助師との連係プレーを実現。とても寄席っぽい。

●鏡味仙三郎社中『太神楽』
いまは二人なんですね。やはり土瓶ですね。

●柳家さん喬『船徳』
今年の船徳がさん喬師で良かった。
完璧ですね。素晴らしい出来。
いや、ずっとさん喬さん観ている人から見たらどういうか分かんないけど、なんというか、惚れ惚れするシーンが多数。
ちょっとした地語りだけで体感気温が下がる。徳さんの眼の送りだけで橋が見えてくる。いやあ、いいですね。


というわけで、さん喬師には大満足。だけど、やっぱり末廣亭は持ち時間が短いなあ。どの人ももう少し聴いていたかった。
それと代演が多くて、わりと似たようなタイプの落語家さんが揃っちゃった。前半聴いていないからというのもあるけど。落語初めての人に、もっと爆笑系の落語家や、新作も聴いてみて欲しかった。

ま、完璧にはいきませんな。
ご参加いただいた4名のブロガーからはご好評いただいたので、まずは良しとしましょう。


 ●ご参加いただいた方のブログ記事
落語行って来ました | isologue  

末廣亭前 末廣通り
顔付け
 


m_shike at 19:37コメント(2)トラックバック(0)落語  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 越後人   2012年07月04日 18:15
初めまして。
雲助師匠の掲示板で、4K様から「検索」についてご教授いただきました。
ありがとうございました。

4K様のキャリアを、読んでいたら、
>2010年7月早稲田大学での講義『宮武外骨と蛙男商会』が好評でした。
とのこと。

実は、私も、明治の反骨文人(?)宮武骸骨が大好きで、筑摩書房でしたかの文庫を全部読んだ覚えがあります。

「蛙男商会」(カエルオトコしょうかい〉ってのは、全く記憶にないのですが?

そうか!
これも、PCで検索すれば、良い訳ですね。

私と女房は、最近、喬太郎さんに嵌っていて、先月も北千住の三三さんとの会にも行って来ました。

喬太郎さんは、古典かと思っていると、突然、現代が割り込む意外性が面白く、来週末も状況です。

喬太郎さんの、三鷹だったでやった「子別れ」は、抱腹絶倒の出来でした。

まとまりのないメールですが、また、お邪魔したいと思ってます
2. Posted by 4k    2012年07月04日 19:58
どうもさっそくのお越しでありがとうございます。
外骨はいいですよねえ。円朝とも付き合いあったみたいですね。
蛙男商会についてはこちらの記事に書きました。
http://bit.ly/LOUZ7u

柳家喬太郎師匠も大好きです。北千住、僕も行きましたよ。
こちらをどうぞ。
http://bit.ly/P7vyA8

だらだらと拙文垂れ流しておりますが、またぜひお越しください。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第19回 雷門音助 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント