2012年06月21日

成城落語応援会 そうだ じゅげむ きこう 第10回 2012/06/17 #rakugo #落語


日曜日だと心理的に楽だ。

成城ホールならどこに座っても観やすいからそんなに早くいかなくてもいいやと、駅中カフェで仕事していたのだが(電源があるのよ)、入ってみたらいつもの座席はきれいに畳まれて、パイプ椅子と座布団が。

ここは天井の高い広小路亭か?
679ac895.jpg

140人入ったそうで、このシリーズ新記録なんだそうだ。
座布団にお子様が数名、ほとんどは落ち着いて聴いていたのだけど。
立川吉笑『狸の恩返し過ぎ』
立川春吾(春太改め)『二十四孝』
仲入り
立川談吉『よかちょろ』
立川志の春『お父さんの約束』


●立川吉笑『狸の恩返し過ぎ』
すっかり安定した、出来上がったと思っていたらまだ進化していたこの噺。もう何度目か忘れたけど今までで一番良かった。主人公の感情表現がより深くなり、子狸もさらに可愛らしく。
落ちはまだいじれるかも知れない。

立川春吾『二十四孝』
久しぶりに聴かせてもらったけど、談春師の弟子だなあ。口跡が。とんとんとんとーんと小気味いい。ところどころちょっと硬くなっていたようにも思うが、楽しませていただきました。

立川談吉『よかちょろ』
ほんとにこの人の「メロディアスよかちょろ」は飽きない。地語り聴いているだけでニコニコしてくる。なんなんだろう、素敵だ。
ただあの出だしのギミックはもっと受けてもいいし(前はもっと受けてた)、落ちももっと受けていいはず。これもなんなんだろう。間の問題だろうか。

立川志の春『お父さんの約束』
初見。キャラの造形と噺の運びがいかにも志の輔一門。師匠譲りだなあ。多くの人にすんなり馴染んでもらうための工夫が随所にあり、かるーくホロリとさせるところもいい。

同じ立川流とはいえ、それぞれに違う一門で全く違うカラーの4人。でもどこか家元・立川談志が見えることがあって、これもまた楽しい。
お客もみんな十分に楽しんでいた。

そしてこの日は「父の日」。どれもお父さんの出てくる噺が選ばれていた。二十四孝はほんのちょっとだけどね。

とてもいいバランス。
またこの4人でやってください。
この顔付けは吉笑さんが決めたんだそうだ。
偉いよ、あなたは。


で、今回、一つだけ難があって。

たまたま僕の前、座布団席に座っていた子どもが全く落ち着きがなく、床を叩いたり靴を何度も置きなおしたり目障りでしょうがなかった。
隣の母親がまたこそこそ話しかけたりしてもうどうしようもない。
親子揃って後ろからサンダルで頭ひっぱたきたくなった。あのくらいの年の子どもが落ち着きないのはしょうがないんだけど、子ども寄席じゃないんだから許しちゃダメ。 あれは落語への破壊行為なの。

●関連記事
”そうだ じゅげむ きこう” - 酒と畑に戯れるオヤジな私


m_shike at 23:34コメント(2)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by シラフ    2012年06月24日 06:38
 はじめまして。
 自分もその会は見に行っていました。
 久々に見る吉笑の進化っぷりに驚きました。春吾は、少し解き放たれた感じがして肩の力が抜けたような。談吉の「番頭!」がおかしくてたまりませんでした。そして、初めて見る志の春に大笑いしました。
 個人的には志獅丸か、らく兵も見たかった。
 二つ目だけで動員記録とはやはり立川流は凄いですね。
 それでは♪
2. Posted by 4k    2012年06月24日 10:04
コメントありがとうございました。吉笑さんは悩みながらもぐんぐん成長しています。春吾さんはほんとその通りですね。談吉さん「あたまはげちらかして」とかほんとおかしいです。志の春さんキャラづくりがほんといいですね。あ、なんか記事と同じようなことを繰り返しました。今後ともよろしくお願いいたしします。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント