『シェアする落語』次回は12月です。

2012年05月05日

新宿末廣亭5月上席(芸協) 昼の部(2012/05/01) #rakugo #落語


一度やってみたかった昼夜居続け。
ゴールデンウイークに真打昇進襲名披露をぶつける芸協の芝居で挑戦。
体力的にはまあ大丈夫でしたが、中入りのストレッチは欠かせないですな。
まずは昼の部です。
64e575d1.jpg

滝川鯉〇 小噺(酒粕など)
春風亭べん橋 『つる』
鏡味味千代 太神楽
桂枝太郎 『アンケートの行方』
桂米福『強情灸』
コント青年団 コント
桂歌助『都々逸親子』
雷門助六『相撲風景』
松旭斎八重子・プラスワン 奇術
三笑亭夢太郎『替り目』(酔っ払い)
春風亭小柳枝『粗忽長屋』
東京丸・夢子 漫才
桂米丸『宇宙戦争』

お中入り

桂幸丸『昭和の政治家たち』
林家今丸 紙切り(舞妓・スカイツリー・兜・客の似顔)
桂歌春『たがや』
桂米助『猫と金魚』
やなぎ南玉 曲独楽
桂歌丸『質屋庫』



●滝川鯉〇 小噺(酒粕など)
二度目。いいんじゃないでしょうか。

●春風亭べん橋 『つる』
二度目。まくらが前と全く同じ。それ以外の印象は特になし。
 
●鏡味味千代 太神楽
あかぎ寄席でいろんなもの落としてましたがこの日は無難に。個人的にはくっつきバチが好き。
 
●桂枝太郎 『アンケートの行方』
古典か新作か客にアンケート取って アンケートの新作。かなり早い段階でネタが割れてしまうのでもう少し工夫が。
 
●桂米福『強情灸』
非常に生き生きした芸でよござんした。また聴きたい。

●コント青年団 コント
かなり面白かったんだけど、ずーっと同じパターンなので後半だれた。
 
●桂歌助『都々逸親子』
これも面白い噺。軽快なテンポで楽しかった。
 
●雷門助六『相撲風景』
まくらで、そこそこ受けているのに「今日はダメだー」とか投げ気味。噺に入るとさっぱりときれいな高座で。

●松旭斎八重子・プラスワン 奇術
最初なんか和製のポップスみたいなのがかかって、なんかトラブルですぐ終了。そのあたりからこちらの意識がなくなりました。すみません。

●三笑亭夢太郎『替り目』(酔っ払い)
続けて意識失いました。すみません。いい語り口だったのに残念。

●春風亭小柳枝『粗忽長屋』
さすがですねえ。見事な出来でした。また聴きたいです。

●東京丸・夢子 漫才
芸なのかほんとに思い出せないのか京丸先生。そのすれすれが面白い。
 
●桂米丸『宇宙戦争』
出ました業界最高齢。原作星新一の得意ネタを熱演。ところどころ声が小さくて聴きにくいところもあったけど、みんな満足していたかと。落ちはむかしとちょっと変えてますね。

お中入り

●桂幸丸『昭和の政治家たち』
大変面白かったのですが、マイクとの距離が変わるたびに声が大きくなったり小さくなったり激しい。寄席もピンマイクにしたほうがいいのかもしれない。

●林家今丸 紙切り(舞妓・スカイツリー・兜・客の似顔)
似顔を切るのは初めて見ました。

●桂歌春『たがや』
意気が良くてよかったけど、ちょっと早すぎない?半袖になってからのほうが花火大会の気分かなあ。

●桂米助『猫と金魚』
野球の漫談かと思ったら。ただ、まくら長くて噺は途中で端折り。

●やなぎ南玉 曲独楽
ひざはこういう芸もいいね。
 
●桂歌丸『質屋庫』
トリは会長。ピシッとした地語りは講談っぽい(横浜生まれなので江戸ことばを使わない)けど、これもまたよい。円朝もの聴いてみたいですねえ。


とまあこんな感じなんですけど、やっぱり末廣の昼席は出演者多いなあ。 タグつけきれないじゃないの。


m_shike at 11:13コメント(0)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
note 話芸(落語・講談・浪曲)×IT・マーケティング
サイト内検索
最新コメント
記事カテゴリ
メッセージ

名前
メール
本文
パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計: