2012年05月01日

燃える石炭の熱さを体験!余市マイウイスキーづくり体験イベント(4)蒸溜


前回の続き。

麦芽から作った糖分を酵母に食わせてアルコールにした「もろみ」ができたら、ここからいよいよ蒸溜でございます。
もろみを熱して気化させて、7%程度のアルコール分を、二回の蒸留で70%近くまであげちゃう作業です。

これが余市のポットスチル。ストレート型です。複雑で強い味を生み出しやすい形。
R0022636



こちらが宮城峡。バルジ型。鏡餅みたいなかたち。
蒸溜棟

マイルドな味が特徴。
どちらも注連縄(しめなわ)がかかっているのが、造り酒屋出身の竹鶴正孝翁のスピリッツを象徴しているのであります。余市では、貯蔵庫の入り口にもこの注連縄が飾ってあります。


で、ここでは。
世界でここ余市でだけしか体験できないことが体験できます。

すなわち「ポットスチルに石炭をくべる」です。
IMG_4610

温度管理が難しく扱いにくい石炭直火蒸溜は、今やスコットランドでも見られなくなり、世界でどうやらここだけにしかないらしい。

さっそくやりますよ。

石炭は、別に重くはないです。
R0022634
 
ただ、かまどの口がかなり小さいので、スコップの先のほうだけ使うようにして、手首のスナップを聞かせないと、火が燃えているところまで届かず、手前の部分に落ちてしまい、燃えません。
R0022645
 

興奮しているのでかなり火に近づいてしまうわたくし。
4fce38c2.jpg

6960175546_7efc856482_b
(by WADA-blog)

単純な作業なのにみんな興奮気味。
R0022638


さてここに疑問が。
そんなに温度管理が難しいのに、何で素人に石炭くべさせても大丈夫なのか?

実は、火加減が難しいのは最初の三時間くらいなんだそうであります。僕らが石炭くべたり、くべようとして手前に散乱させるだけだったりしているころには、実はもう温度は安定しているので、多少のことは平気なんだとか。

にしてもですね。
石炭窯の熱さを体感できるだけでも、なんかこう、訳もなく興奮しますよ。ああ今ウイスキーが生まれようとしてるんだーという実感があるのです。
IMG_4615

続きます

●体験してみたい方は、このページを時々チェックしてください
募集がかかったら申し込みましょう
スケジュール|余市マイウイスキーづくり|マイウイスキーづくり体験|ニッカワールド|


m_shike at 01:17コメント(0)トラックバック(0) | ウイスキー 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第19回 雷門音助 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント