2011年11月19日

落語協会復興支援寄席 春風亭一之輔 21人抜き真打昇進前祝いの会(2011/11/11)


落語協会の「東日本大震災復興支援寄席」として行われたこの企画、新宿末廣亭の夜の部が21時にはねたあと、土曜日なら二つ目が深夜寄席をやる時間帯での開催。

この時間の寄席で真打が演るのは珍しい。
逆に、平日の寄席にはなかなか行けないサラリーマンでも楽しめるわけだ。

ということで「職場の同僚を寄席に連れていく企画」の第四弾としてて、行ってまいりました。木戸銭1000円はそのまま義援金になるそうです。

ae2d2883.jpg


466a46aa.jpg



春風亭一朝『天災』
「まずは前座から…何年ぶりでしょうね」、この一言で客席はいきなりヒートアップ。今回の企画と一之輔さん昇進についてのお礼をとんとんと、あとは早速噺に。
もともと好きな噺ではあるわけですが、一朝師の江戸ことば炸裂がもう小気味よくて小気味よくて。


春風亭一之輔『粗忽の釘』
「まさかこの順番で。やりにくいですねえ」と。まあ師匠の後ってのはつらいですよねえ。とはいえぶつぶつ言いながらいつものペースを取り戻し、「不愉快な顔」「いきなりのハイテンション」をベースにした一之輔ワールド全開。僕にとっては市馬師の『粗忽の釘』がベストだけど一之輔さんのも実に楽しかった。

林家正楽『紙切り、相合傘・一番星・一朝師匠・象がせんとう』
いつもの名人芸です。時間がなくて切れなかった注文「はやぶさといとかわ」(人工衛星)をわざわざ楽屋で切ってきて、はねたあとに注文したお客さんに届けていました。かっこいいなあ正楽師匠。私服が中学生みたいでびっくりしましたが。

柳亭市馬『転宅』
トリはやはりこの方。夜の部で高座つとめた後そのまま残ったみたい。
威風堂々で大らかな市馬師の芸風では、サイゴベエがあまりにも簡単に騙されるあたり、ちょっと引っかかるんだけど、煙草屋のあたりでやっぱり大笑い。満足です。

これで1000円。義援金追加するしかないでしょ。募金箱につっこんでおきました。


●関連リンク
『高岳堂Blog : 「21人抜き真打前祝いの会」』

m_shike at 11:50コメント(0)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント