『シェアする落語 第16回 桂三四郎』 4/15 14時〜 門前仲町・深川東京モダン館 予約受付開始!

2011年10月24日

立川流広小路寄席(昼) (2011/10/16) #rakugo


同じ職場の落語初心者を連れて寄席に行く企画の第3弾。今回は立川流。


立川吉笑 道灌
立川春松 まんじゅうこわい
立川平林 勘定板 どじょうすくい
立川談吉 ぞろぞろ
立川三四楼 アニソン和尚
立川キウイ 持参金
土橋亭里う馬 風呂敷

立川らく里 蝦蟇の油
立川談奈 目黒のさんま
立川談之助 黒い交際(漫談)
立川龍志 蒟蒻問答



●立川吉笑 道灌
入りが遅れたので途中から。前日に『てれすこ・序』で僕の魂を揺さぶった吉笑さん。道灌やらせても大したもんです。

●立川春松 まんじゅうこわい
初見。目つきが厳しいのは気に掛かるが、口跡滑らかで、さすが談春の弟子。
ただ、このような登場人物の多い噺は、まだ少ししんどいかもしれない。

●立川平林 勘定板 どじょうすくい
まくらはほぼ漫談。家元・談志の前でどじょうすくいを踊った話。これがまあ、めちゃくちゃに面白い。喉を痛めて喋れない家元と奥様の会話は『蒟蒻問答』のようだ。家元の物真似をする落語家はいっぱいいるが、声を出さずに演じたのはちょっと新鮮。

勘定板は苦手な噺だが、さらっとを片づけていやな感じがしなかった。

そして、どじょうすくいを披露。踊りの出来を云々できるほどの目はないけど、楽しかった。色物の出ない立川流では踊りは重要な武器のはず。みんなもっと踊ってほしい。
一気に平林が好きになった。

●立川談吉 ぞろぞろ
二回目。二つ目昇進おめでとう。立川流には珍しいグニャグニャした感じが面白い。

●立川三四楼 アニソン和尚
この落語の台本があったら赤字をいっぱい入れてやりたい。こことここが違う違うと。

趣向は単純だけど面白い。般若心経やら浄土真宗をアニソンで歌う音曲噺。
ただ替え歌の出来不出来が激しく。受けるところはどっかんどっかん、こないとシーン。

そして歌が余りにも下手。
わざと下手に歌っているならやめた方がいし、頑張ってもあれなんだったら先に音痴を治療した方がいい。

川柳師匠を想像する人は多いかもしれないがむしろ今は亡き春風亭柳昇『カラオケ病院』の方が近い。
トロンボーンの名手だった柳昇師は、声は良くないが、そこそこに歌うことができた。あんな感じでいいんじゃないか。ピッチだけはちゃんととろうよ。こんだけ受けてるんだから磨かないともったいない。

●立川キウイ 持参金
ニューキウイ。まともに古典一席。悪くはないがそれほど心に引っかかるものもなく。

●土橋亭里う馬 風呂敷
名古屋でブラック師との二人会やって打ち上げで飲み過ぎたのか、ヌいちゃった左談次師の代演。
手堅いベテラン里う馬師ですが、この日はなにやら重かったような。でも同行の落語初心者はけっこう気に入ってました。

中入り

●立川らく里 蝦蟇の油
言い立ては綺麗だったけど、中手が出てくるほどではなかった。酔ってからもそこそこに面白かったが、強く印象に残るほどではない。


●立川談奈 目黒のさんま
端正な語り口だけにトチると目立つ。それと殿様に今一つ個性が感じられない。なにしろ今シーズン10回くらい聴いているのでねえ。しかも前日に談四楼師のみごとな「さんま」を聴いちゃったもんで。

●立川談之助 黒い交際(漫談)
前日、明大落語会で米粒みたいな談之助師を観てきたばかりなので、しかも衣装も同じなのでなんか変な気分だった。いつもどおりの悪口漫談で、特筆することはなし。

●立川龍志 蒟蒻問答
やっぱり龍志師はかっこいい。襟元から江戸が香る。
まくらは妙におどおどしていたけど、噺に入ればスパンと江戸前。大してくすぐりをいじっているわけでもないのに、聞きなれたこの噺が新鮮なものに聴こえました。


MVPは平林さんに上げたい。談吉さんもなんか気になる。龍志師はもちろん素敵。

しかし全体的に代演が多すぎて、なんとなく緊張感に欠けた一日でした。まあでも予約で1500円ですからね。安い安い。夜席と違って終わっても時間があるから、やっぱりまた飲みに行っちゃって、夜中までずーっと飲んでました。そういう意味じゃ高くついたw

2011/10/16 15:19:30
【10/16(日)立川流広小路寄席】吉笑「道灌」/春松「饅頭恐い」/平林「勘定板-どじょうすくい踊り-」/談吉「ぞろぞろ」/三四楼「アニソン和尚」/キウイ「持参金」/里う馬「風呂敷」-中入り-らく里「蝦蟇の油」/談奈「目黒の秋刀魚」/談之助「黒い交際」/龍志「蒟蒻問答」
2011/10/16 22:39:31
立川流広小路寄席のトリの龍志師匠に、キウイ・談奈・らく里・三四楼の四人でご馳走になりました。 今年で64歳になられる師匠の口から語られる芸論は、とても勉強になります。 60代の今は、落語を楽しみながらできるとおっしゃられます。 私も、そんな60代になれる様に頑張ります。
 


m_shike at 01:06コメント(0)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント