2011年08月14日

上野広小路亭 立川流夜席 2011/08/07 #rakugo #落語


圓朝祭りには行ったんだよ。
すっかり出遅れたからブログ書かないかもしれないけど。

で、全生庵のある千駄木から、湯島に出れば広小路亭はすぐ。
というわけで急遽立川流夜席に行くことにした。

立川流


他にもそんな人が、いたようないなかったような。






立川笑二『道灌』
前座。談笑師二人目の弟子。本日が三回目の高座だそうだが結構口が回る。


立川談奈『だくだく』
「脇で見てましたけど上手ですねえ」と感心しながら「だくだく」、いい調子だったのに途中でぐだぐたになるは仕込みは忘れるはの総崩れ状態。去年夏の「もう半分」よりひどかった。こんなことしてちゃ駄目だよ!という前に本人が反省していた、ので独演会のチケット買っちゃった。
とにかく、応援しているので頑張っていただきたい。


立川志の吉『茶の湯(途中まで)』
初見。立川志の輔の総領弟子。うまいですね。立川流は次から次へと達者な人が出てきますな。


立川キウイ『持参金』
キウイ師と呼べる日が来たんですなあ。夫婦の情がとかいっていたのでまた短命だったら本気で怒るところだったが「持参金」をわりとしっかりと。個人的には漫談7割古典3割フルスピードのキウイ師がしっくりくるけど、これはこれでありだなと思った。

立川龍志『酢豆腐』
龍志師には、もうね、ほんと惚れ惚れしますね。同じ噺を二日前に聴いていたので、語り口の違いがよーくわかる。かっこいいのよほんと。


中入り


立川談修『目黒のさんま』
キウイ師と同時昇進でも別に良かった談修さん。声と顔のせいでやや軽すぎる気もするけど、同じ噺を先日聴いたのと比べると、やっぱり談修さんのほうが好き。とっとと真を打っておくんなさい。


立川談之助『高校野球あれこれ』
例によって悪口漫談。それも昨年夏の新橋ZZで聴いたネタとほぼ一緒。政治家伝を聞いてみたいんだけどな。


桂文字助『雷電の初土俵』
台詞の少ない、いわゆる地噺。今日は文字助師の江戸言葉を聴きに来た様なもの。トリじゃなくちゃちゃんと噺やってくんないからねこの師匠は。
はい、かっこよかったです。相撲なんかほとんど興味ない僕でもしっかり楽しませていただきました。



やっぱりなんだかんだ言って立川流の広小路寄席が一番好きなのかもしれないなあ。

m_shike at 01:39コメント(0)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント