2011年05月07日

宮城県・山元町で写真修復ボランティア(4)写真の洗浄


前回の続き

写真の洗浄も、経験させてもらう。

被災したアルバムから抜き取った紙焼きの写真を、富士フイルムの方々から直接指導で伝授された方法で洗浄し、乾燥させ、可能な限り復元していく。

ぬるま湯をつくり、
ぬるま湯作り

プラスチックの衣装箱に入れて、写真を洗浄する。
写真洗浄




できるかぎり、泥を落とす。
洗浄した写真

昔ながらの銀塩写真であれば、泥がついたくらいなら助かることも多い。
インクジェットプリンタの写真はすぐ水に溶けてしまう。

ずいぶん昔の話だが引き伸ばしをやっていたこともあるので、印画紙を水の中に入れる作業は、ひょっとしたら懐かしい感じがするのかなあと思ったけど、全然そんなことはなかった。
とにかくなるべく写真、それも人間の顔が写っているあたりを傷つけないように、指先で優しく砂を落とす繊細な作業には、これまた後で疲れがどっときた。どちらかというと精神的な疲労だ。

洗浄した写真は洗濯バサミで止めて乾燥。
写真洗浄 乾燥

乾燥した写真を外す。
乾燥した写真を取りはすず

ここまでは、変なたとえだが干物作りに似ている。洗って干して取り込む。

さらに、ナンバリングしてアルバムに入れて整理。
写真洗浄 ナンバリング作業


この日は日本社会情報学会(JSIS-BJK)・災害情報支援チームのメンバーに加えて東北大学のボランティアサークルから多くの学生が参加し、一つ一つ丁寧に思い出を蘇らせていた。

つづく。

m_shike at 23:46コメント(1)トラックバック(0)震災 | 写真 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ed hardy   2011年05月21日 11:04
すべての困難に直面する勇気

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント