2010年12月21日

立川キウイご降臨記念 コメントにお返事


なんとあの立川キウイさんがこのブログのコメント欄にご降臨
ここはちょっとマジレスしてみますよ。



1. Posted by 立川キウイ 2010年12月20日 02:22
 ブログ、けっこー前から、いつも楽しく拝読しております。
 4kさんを初めて知ったのは、大和での獅篭との二人会だったと思います。
 もし記憶違いでしたらすみません。
 何よりAmazonでの書評、ありがとうございます。
 あと先日は、別に本当に「短命」をやるつもりはなくて、高座に上がってヒョイと見たら、そこに4kさんがいたので嬉しくなって、何か言いたくなっちゃって出た言葉なだけで、楽屋で事前に「反対俥でドラム缶45本飛んできていい?」と獅篭に確認してたんですよ。
 でもいきなり話しかけられて驚いたでしょう?
 失礼致しました。
 4kさんにどう伝わるか自信ありませんが、チラシの通り、僕は「ヒザ」ではなく「ゲスト」で出たつもりでした。
 でもそういう「ゲスト」という意識や、あまりに本数の多いドラム缶飛びのこと等々、不愉快な思いをさせたとしたらごめんなさい。
 4kさんの言う通り、僕の間の悪さは天下一品(噺も含めて)ですし、獅篭が益々進化していくのは止めようがないでしょう。
 これは間違いありません。
 では、また立川流広小路寄席の客席に、4kさんをお見かけ出来たら嬉しいです。

 4kさんを初めて知ったのは、大和での獅篭との二人会だったと思います。
おお、そうだったんですか。
これですな。

キウイと獅篭ふたり会 : 裏[4k]

このときの紺屋高尾は結構楽しませてもらいました。キウイさん長く演りすぎて獅篭さんの出番がすっかり短くなっちまってたけど。

 でもいきなり話しかけられて驚いたでしょう?
 失礼致しました。
びっくりしたけど面白かったです。
 あと先日は、別に本当に「短命」をやるつもりはなくて、高座に上がってヒョイと見たら、そこに4kさんがいたので嬉しくなって、何か言いたくなっちゃって出た言葉なだけで、楽屋で事前に「反対俥でドラム缶45本飛んできていい?」と獅篭に確認してたんですよ。
だいたいそんなところじゃないかなと思ってはいました。ブログに書かないけど(理由後述)。もともとキウイさんは客いじりがうまくて、落語見ながらしゃべり続ける変な女の客がいた時に、ものの見事に丸めこんでしまったところを目撃しています。
 4kさんにどう伝わるか自信ありませんが、チラシの通り、僕は「ヒザ」ではなく「ゲスト」で出たつもりでした。
 でもそういう「ゲスト」という意識や、あまりに本数の多いドラム缶飛びのこと等々、不愉快な思いをさせたとしたらごめんなさい。
いやいやほんとは不愉快ではないのですよ。そもそも「ヒザ」と呼ぶには時間長すぎるし、商売道具の膝を犠牲にしてまで獅篭のために頑張ろうという気持は伝わってきましたよ。でもね(後述)。
3. Posted by 立川キウイ 2010年12月20日 16:24
 獅篭の会の主催者さんが、『風マンコンビ』について、こう話してくれました。
 「極悪非道、傍若無人、迷惑千万な兄弟子(キウイ)に獅篭さんは振り回されながらも、それでも何だか仲良くやってるのが、見ていてイイんです」
 だから当日、「もしかしたらキウイは来ないんじゃないか?」という噂も含め(そんなことするわきゃありませんよ)、獅篭がまくらでも言ってくれてた、「あんなに嫌われてるのは○○師匠の次くらいですな」というのが、そう言ってもらえることが、要は僕の役割で、そうでなければ他の誰かをゲストによんだ方がいいと思うんです。
 最初、ゲストの声がかかった時、主催者さんに言ったんですね。
 「いつまでも僕(キウイ)と一緒だと見られたら、獅篭が可哀想だ」って。
 でも「キウイ兄さんなら何かやってくれるから」ということで、それで出ることにしたんです。
 ドラム缶飛び45本、確かにヒザが痛いです。(笑)
 ではでは、お返事、ありがとうございます。

 だから当日、「もしかしたらキウイは来ないんじゃないか?」という噂も含め(そんなことするわきゃありませんよ)、獅篭がまくらでも言ってくれてた、「あんなに嫌われてるのは○○師匠の次くらいですな」というのが、そう言ってもらえることが、要は僕の役割で、そうでなければ他の誰かをゲストによんだ方がいいと思うんです。
だからそれは僕も他の観客も薄々分かっている話で、だからこそ、僕としてもそのストーリー(アングル)に多少乗ってブログ書いているわけですよ。ネタばらしはしないで欲しかったなあ。

とはいえ、僕ごときがキウイさんに何かを言うのは不遜というものです。そもそも45本飛びは家元の教えである「落語を壊してみろ」に基づく行為だからです。

僕なりに「キウイさんは、もっとこうしたほうがいいんじゃないか」と思うことはありますが、噺について何か言えるほどの通じゃなし、そもそもキウイさんの高座にはいつも楽しませてもらってますのであまり文句はないんです。「また短命かよ」「そんなに飛ぶな」というのも呆れながらも、そういうキャラであることをどこかで楽しんでいます。なにしろ家元いわく「立川流の愛嬌」ですから。

ただ、ネットの中であんまりあれこれ心情を吐露しすぎるのは良くないかな。と思います。立川キウイの楽しい高座を知らない人が今のキウイブログを読むと、時々出てくる心情吐露にキャラを誤解してしまうのではないかと思います。それはもったいないなと。

あとは希望することは一つだけ。せめて還暦まで、落語を語って語って語りまくることです。変ろうが変わるまいが、進化しようがしまいが、そんなことはどうでもよく、ひたすら己の信じるがまま落語家であり続けていただきたい。どっかでイメチェンして『濱野』なんかをじっくり語るような還暦もよし、相変わらず『短命』『つる』『反対車』ばかり掛けていても、それはそれでいいんじゃないかと。
いささか生意気ではありますが、いち立川流ファンとしてそう思っています。

4. Posted by ダーマン 2010年12月21日 17:29
今回の獅篭サンの落語会、すごーく行きたかったんですけど、ゲストが○U○だったので諦めました。

やはり…と云うか、反対俥でしたか(汗)

来年の会は、行けたら良いなァ。と思ってます。

まだ獅篭サンの『紺屋高尾』を聴いた事ないので、聴けたら良いなぁ。
こういうことをわざわざ書きにくる不粋なバカはほっといて、間が悪くても極悪でも嫌われ者でもヒールでも子供真打でも何でもいいので語り続けていただきたい。こっちはときどき呆れたり腹立てたりしながら、楽しませていただきます。

談大さんのことを思うと、余計ね。

以上です。

立川 キウイ¥ 1,244


m_shike at 21:21コメント(1)トラックバック(0)落語  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 立川キウイ   2010年12月22日 01:06
5  改めて、野暮な台詞ではありますが、「ありがとうございます」。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第19回 雷門音助 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント