2010年08月01日

池袋演芸場七月余一会 落語芸術協会・立川流二派連合落語会


去年から気になっていた企画なのにすっかり忘れていて。2日前に桃太郎師のブログで発見。
あーっ忘れてたと池袋演芸場のWebサイトを見に行くとこれが大変な顔付け。中トリ談笑師・トリが談春師!

池袋演芸場七月余一会 落語芸術協会・立川流二派連合落語会
池袋演芸場七月余一会 落語芸術協会・立川流二派連合落語会
電話してみるともちろん前売りは売り切れ、ただ札止めにはしないから当日券はあるけど立ち見だよ、とのこと。

午後3時開演8時終演。券はないから早めに行って並ばないと行けない。

行くかね?
行こう。

と、自問自答をしたところで池袋演芸場初参戦と相成った。

1時頃からチケット売場(テケツ?)前に並び始めたら、前の方に並んでいた人がチケット持っているのでモギリの前の列に移動したり「あの今日行けなくなっちゃったのでチケット買ってもらえませんか」とやってきた福の神から定価で譲ってもらってやっぱりモギリ列へ移動したり、いつの間にかチケットなし組で最前列になってしまった。

70過ぎと思われるご婦人に話しかけられ、あたしも立ち見だけど今日はトリの談春さんが楽しみで最後まで頑張ると言われ、おー俺も頑張ろうと思った。

ご婦人持参の折りたたみ椅子に座ってたけどね。寄席で持参の椅子に座っている人を初めて見た。真似すりゃよかった。

客入れは2時頃、チケットが買えたのは2時半。最後列の後ろの立ち見スペースに陣取って開演3時。時々床に座ったりしながら8時までたっぷり楽しみました。



■桂翔丸 雑俳
途中ちょいと絶句気味になったけど、いい調子の前座さん。


■三笑亭夢吉 あたま山
「こんなの僕の知っている池袋演芸場じゃない!」と芸協の二つ目、みんな知ってるけど誰もやらないこのネタによく挑戦した心意気を買いたい。漫談調のマクラも面白かったし。あとでWeb見たら本日は三軒掛け持ちなの?働きもんだねえ。
三笑亭夢吉「垂れ流し日常報告」


■立川志遊 ちりとてちん
「ここからは真打なんですが、めくりがないんです」あらら。
初見。病気から立ち直って昨年真打昇進。きっりちと品があって、いい感じ。また聴きたい。いろんな話を聴いてみたい。踊りの名手らしいのでこれも観たい。
立川志遊ブログ ロード to 六六六


■三遊亭円馬 うなぎ屋
初見。悪くないです。でもこの顔付けの中ではなんか印象薄くなってしまった。すみません。
空飛ぶ円馬


■マジックジェミー マジック
ずいぶん客いじりするマジック。トークの間が電光石火で楽しい。しかしこの方お幾つなんだろう。全然わからない。
マジックジェミーのリアリティーライフ - Yahoo!ブログ

■立川生志 短命
初見。やっと生で聴けました。
立川流の落語家さんはよくこの噺をかけるけど、生志師の短命はとにかくウケまくる。
マクラでどっかんどっかん。噺に入ったとたんにどっかんどっかん。いや本当に面白かったです。
立川生志 ブタログ:So-netブログ


■桂小文治 湯屋番
初見。声質があんまり好みじゃなかったのでどうかなーと思ったんだけど結局乗せられてました。妄想一人芝居のところが良かった。
桂 小文治は噺家で!


■マグナム小林 バイオリン漫談
ご存知、元立川流の前座。僕はこの人好きなんですよ。
去年の末廣亭3月余一会以来の生マグナム。やっぱりタップダンスバイオリンは素晴らしく楽しい。
マグナム前で逢いましょう


■立川談幸 町内の若い衆
もうね、談幸師が出てくるだけで嬉しい。怒ってるはずのおかみさんが、やっぱり目が笑ってる。文字通り幸せにしてくれる落語家さん。
立川談幸ホームページ


■立川談笑 蝦蟇の油 スペイン語バージョン
メクリが誰かの「○笑」の上に「談」を貼り付けたもの。
まくらからブラックなネタ全開で客席が揺れるほど。そしてスペイン語が炸裂。さらに酔っぱらいの売り口上へ。もう腹が痛い。
立川談笑Web

お仲入り

■立川雲水 堪忍袋
さらっと軽快な上方落語で快調に飛ばしていたら、いきなり素の雲水に戻って「立川流 夏の寄り合いで起きたできごと」について堪忍袋にぶわーっと突っ込んで、笑いすぎて死ぬかと思いました。
立川雲水さんインタビュー(1)
立川雲水さんインタビュー(2)


■コント青年団 政治コント
初見。ボケの人がゆーとぴあのホープみたいな感じ。きっちり練ってあるコントを久しぶりに見た。僕は嫌いじゃないけど好みは分かれるかな。
ボーイズバラエティ協会 コント青年団


■立川左談次 本読み
本を持って登場!
出ました読書日記!今回は「東京キススポットガイド」「ペンションガイド」そしてやっぱり最後は林家こぶ平(当時)の「通になりたい」。酒と語らうことを勧めるこぶ平に、左談次師の怒り爆発・場内爆笑。
立川 左談次  オフィシャルホームページ


■昔昔亭桃太郎 勘定板
正直この噺は苦手。だけど桃太郎師のまくら「妻vsやくざ」が面白くて面白くて。あの奥様はほんとにそんな度胸の据わった方なんでしょうか。もちろん今日もお茶で笑いとってました。
昔昔亭桃太郎DAYS


■ボンボンブラザーズ 曲芸
正直「またかー」と感じだったけど、いつもの紙立てがロングバージョンでぐっと楽しめた。あ、今日初めて喋るところをみました。
ボンボンブラザーズ/モダン曲芸,お笑い,曲芸師,コンビ,イベント,ショー


■立川談春 蒟蒻問答
出てくるだけで客席が心地よい緊張感に包まれる。

まくらの医者いじめ話がひどいwまあ夏風邪で救急病院大変でしたね。

後はもう貫禄というか(ちょっと要所で噛んだけど)。堂々と語り切った。
この噺は以前亀有で聴いたときに比べると、さらにまた工夫されていてパワーアップしてる。

もう、先のなさそうなジイサンどもすっ飛ばして円生になっちまえばいいのにね。あり得ないけどさ。

立川談春 Official Homepage

-------------------------------------------------------
とまあ、最初は体力が持つかと思った「ほぼ半日立ちっぱなし落語体験」だったが、コンパクトでしかも見やすい池袋演芸場でこの顔付け、実に楽しかった。

ただ芸協は色物が大健闘していたので相対的に落語の色が薄かったかなあ。どうせなら鯉昇師あたりがいらしてくれると、ぐっとしまるかと思うがそれは贅沢すぎるものというものか。別に二派で勝負してるんじゃないんだしね。連合なんだし。

31日が土曜日だと幸せだ。


m_shike at 18:18コメント(0)トラックバック(0)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第19回 雷門音助 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント