2010年02月28日

バンクーバー五輪カーリング女子決勝 スウェーデン対カナダ 超絶の緊張感 そして栄光はスウェーデンに


なんだかんだといろんなスポーツを見てきたけど、ここまでの緊張感は久しぶりだっなあ。これぞスポーツの醍醐味。



スウェーデン7-6カナダ

カ 01010 12010 0 6
ス 00202 00002 1 7


第7エンド終わって4-5。回ってきた後攻をスウェーデンはブランクにし、さらに9エンドは難しい展開から相手に1点スチールされてしまう。しかしノルベリは多分「スチールさせた」と考えていたのではないか。4-6、2点差。
ラストエンド、カナダは当然クリーンにくる。ミスがあったとしても「3点は難しいんじゃないの。2点だって危ない」と思っていた。
スキップに回ってきたときにハウス内にスウェーデンの石はなかった。ところがノルベリは難しいショットをきっちりこなして2点。同点でEEへ。

とはいえラストストーンはカナダ 絶対優勢。観客はほとんどカナダの金メダルを確信していた。

このエンドが凄かった。スーパーショットがあるわけじゃない。ガードストーンを置く、外す、置く、外す、この繰り返し。

これはさすがにカーリングをある程度理解していないとわからない緊張感。

それでも、ラストストーンはカナダ。

ノルベリのラストショットはハウス中央付近にナンバー1,2。ガード裏にロールしきれてない。距離と角度がある。
ダブルテイクアウトできる位置。

しかしこの石は、ノルベリからバーナードへのメッセージだったのかもしれない。

「どう、出せる?あなたにできるの?」

わずかに力んだバーナードの石は、ナンバー2の石を弾いただけ。スウェーデン1点スチールでオリンピック二連覇が決まった。

その瞬間、バーナードの穏やかな笑顔の裏に、彼女にかかっていたプレッシャーの巨大さが透けて見えた。

そのプレッシャーを彼女に掛け続けたノルベリ。

僕は学んだ。
「コントロールすることとコントロールできなくても諦めないことだな。カーリングは。」

僕は泣いた。感動で。

カナダが負けたのに満員の観客からはブーイング一つない。ただただこの激闘を戦い抜いた両者へを讃える歓声が鳴り止まない。

スウェーデンの選手は、ラストストーンにキスをした。

●ショット率
カナダ
リード Cori・バーテル 89 %
セカンド Carolyn・ダービーシャー 84 %
サード Susan・オコーナー 80 %
フォース (S) Cheryl・バーナード 82 %
リザーブ Kristie・ムーア - %

スウェーデン
リード Anna・レモイネ 90 %
セカンド Cathrine・リンダール 77 %
サード Eva・ルンド 78 %
フォース (S) Anette・ノルベリ 78 %
リザーブ Kajsa・ベリストローム - %
(S)スキップ

m_shike at 12:26コメント(4)トラックバック(0)カーリング  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by mike   2010年02月28日 23:32
 バーナード選手の笑顔、よかったですね。
 試合途中の苦しい展開の時でも、何だか余裕があるように見えました。
 本当にいい試合でした。
2. Posted by 4k(四家正紀)    2010年03月01日 00:12
いや、本当にいい笑顔でした。
歳のことを言い過ぎるのはよくないですけど、素晴らしい43歳スキップ対決でした。
3. Posted by なな   2010年03月01日 00:18
本文 カナダ優勝になってません?
4. Posted by 4k    2010年03月01日 01:06
おっとっと、ラストエンドでスチールしたのはスウェーデンですね。訂正しました。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
サイト内検索
最新コメント
シェアする落語に出演された落語家

記事カテゴリ
メッセージ

名前
メール
本文
読者登録
LINE読者登録QRコード
プロフィール

四家正紀[4k]


パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
記事検索
月別アーカイブ