2009年03月16日

立川談春独演会 3/13 かめありリリオホール


だめもとで予約してみたらあっさり取れてしまった談春独演会のチケット。
場所が亀有なので、念のため会社を休んで(まあ、家で仕事できるのでね)妻と二人いそいそ出かけました。会場はもちろん満員。

立川談俊独演会 本日の演目
立川談俊独演会 本日の演目 posted by (C)[4k]shike


ごく簡単に感想を言えば、なるほど、ということになりますか。

これはチケット争奪戦が厳しくなるのも無理はない。

上手い。面白い。凄い。人物がぐーっと前に出ている。

一席目『厩火事』。
可愛らしくてしかも食わせてくれる髪結いお咲さんは歴代落語キャラの中でも男に人気のある女性なんだけど、談春はそこにもう一味「人の話を聞かない」という性格を付け足す。これがまあ、ものの見事にはまって、もう腹がよじれっぱなし。
お咲の相談相手も、従来は確か「旦那」だと思うのだが、これよりやや若い感じの「兄さん」にして、さらに気の短い人物に仕立てる。あまりにも人の話をまともに聞かないお咲の勝手さにしばしばブチ切れる兄さん、もう面白くて面白くて。

派手なデフォルメをしているわけでなく、台詞の言葉遣い・やり取りの間のとり方で、人物をより強力に前に出している。畳み掛けていくところと間を取るところのテンポの緩急がもう絶妙で、それぞれのキャラがすっと目前に見えてきて、それか心地いい。

1時間の噺のうち30分がまくらで、初めて師匠と親子会をやった亀有の思い出から、あの巨大な襲名披露の話へ。

「お歴々が並んで[お父さんは凄かった。これから自分の力でこれだけの客呼べるようになって欲しい]って、てめえは!・ど・う・な・ん・だ!!」全くだよね。

「昭和の爆笑王」とか神格化されすぎた父親の幻影と戦う二代目三平を応援すると宣言しておりました。

もうひとつ「女は男に近づき、男は女には近づかず、何か男でない別物になっていっている。草食系とか、うちの弟子みてもそう」なるほどねえ。

このふたつは、ちゃんと後の噺にちょっとずつ絡んでいる。また見事だなあと。

二席目『蒟蒻問答』。五代目小さんにも稽古つけてもらったこの噺、こちらも人物の練り直しが見事で、ちゃきちゃきで生き生きでぐいぐい。なかでも蒟蒻屋六兵衛は特筆モノで、ものすごく悪い人になってる。そこに小悪人が二人ぶら下がる構図。途中講釈っぽい語りも入ってぐっと噺をしめながら、豪快に最後まで引っ張り通す。


もう、心の底から堪能した。満足した。ありがとうございましたと申し上げたい。


実力がもの凄いのはもう分かったので、あとはこの先どう進化するのかを知りたい。ずっと追っかけるより数年間をおいて、また独演会でたっぷり聴いてみて、その成長振りを味わってみたい。今も凄いけどまだまだ先がありそうだ。

とかいって我慢できずに来月あたり聴きに行っちゃったりしてね(笑)

来月どころかこっちは今月だ。深夜だけど。

六本木アートナイト Roppongi Art Night 東京ミッドタウン


ちなみに前座の立川こはるは『十徳』。ネットの一部でもの凄く評判がいいんだけど、とりあえず今回についてはふつうに前座でした。口跡は悪くないけど驚くほどのもんじゃないかなと。ただ「今回については」ね。よそで聴いてないから。

まあ、厳しい師匠に三年もついているんだから、その根性だけでも素晴らしい。あのさっぱりした雰囲気に合う噺はなんだろうな。なんかある気がする。頑張っていただきたく。




関連記事
独演会で見た立川談春の凄さ - 若林計志の東京漂流記blog - 楽天ブログ(Blog)


m_shike at 01:20コメント(0)トラックバック(1)落語 | 生落語感想 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 立川談春のはがき  [ 裏[4k] ]   2009年03月29日 11:05
立川談春独演会 3/13 かめありリリオホール - livedoor Blog(ブログ)のおみやげ。 談春が作った着物の端切れで出来ている。 談春のはがき posted by (C)[4k]shike 1枚200円、なかなか手ごろなお土産です。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第19回 雷門音助 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント