2008年11月20日

まるでウイスキーのように、Perfumeには物語がつまっている 5


いまそこにある商品がすべてじゃなくて、その背景にある物語こそが人を感動させるのは、ウイスキーでも何でも一緒。

ウイスキーもPerfumeも、香りを楽しむもんだしね(笑)

SCHOOL OF LOCK!
_昔のことも思い出したという、あーちゃん。

あーちゃん「広島でビラ配りしてた時があったんですよ。イベントやるから、お客さん集めよう! って。
それが12月で・・・広島って意外と寒いんですよ。みんなでダウンジャケットとか着てね。
街の街頭テレビで18時から30分に1回だけ私達のPVが流れるんですよ。

その時間を見計らって、信号が変わった瞬間に、歩いてる人にビラを配ったんです。このPV出てるの私です! Perfumeです! イベント来てください! って。それを夜11時くらいまで、3週間続けたんです。

そしていざイベントの日になった時、お客さんが2人しか来てくれなかったんですよ。それが中2の時で、自分達の無力さをすごい思い知ったんです。こんなに頑張ったのに、これだけしか来てくれないんだって思って。

でも、この2人はPerfumeを観に来てくれたんだって思ったら、満足して帰ってもらいたいから頑張りました! ・・・そのことを武道館のステージで考えたら、いろいろ思うことがあったし、嬉しいなって単純に思いました。


これ読んで、武道館ライブ思い出しながら新曲聴いたら、酒(頂いてきた余市シングルモルト)も進もうというものです。

ネットの中にも、ファンが編み上げた物語があちこちに蓄積されているし。




B面の『願い』には、ものの見事に荒井由美へのオマージュが込められていて、聞けば聞くほどに味わい深い。

とはいえ、Perfumeはまだまだ未完成。これからこれから。

m_shike at 21:41コメント(0)トラックバック(0)音楽  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第19回 雷門音助 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント