2008年06月09日

ハイボールナイトとあまり関係ないウイスキーの話


ハイボールナイトがとても心地よくて、当然二次会に流れて、終電がなくなって三次会で朝を迎えて、ファミレスで朝食を食べながら仮眠して、朝一番の会議に出た後は、社内でぼっとしていた。

午後から業界団体のセミナーに出て、懇親会にも出て、軽い二日酔いのくせしてビールなども飲んで、時間が余ったのでユニクロで服を買って、地下鉄に乗って帰路についていたら、胸ポケットの携帯電話が鳴った。



「お父さん、危ないの。早く来て」

母からの知らせは救急車の中からだった。

いよいよ、来たか。

昨年の夏、末期がんと宣告され、年内も持たないだろうと言われていた。なのにあくまで自宅療養にこだわり、好きなものを食い、ゴルフをし、競馬場に通っていた。
昔の仕事仲間たちに何度も「お別れ会」を開催してもらっていた。
時々遊びに来る孫と楽しそうに遊んだ。

自分で自分の葬式の段取りを組み、分家だったので菩提寺を探し、墓まで建ててご住職を呼んで開眼法要などというものまで催した。

つまりは、やることはすべてやっていた。

正直、こちらもある程度の覚悟はできていた。
でも父が入院もせず、痛み止めのモルヒネも使わず、それなりに元気そうだったので、これはひょっとしたらもうひと夏は過ごせるのではないかと、心のどこかで思っていた。

電車を乗り継ぎ、病院に向かった。おそらく死に目には逢えない。逢わなくてもいいだろう。四日前に昼飯を一緒に食って、話をしたのが最後になったな。

病院で対面した父の死に顔は、見事なまでに安らかだった。

明日から仲間と温泉に行くからと、母に準備をさせたまま「ちょっと休む」と言って入ったベッドの中で、そのままふっつりと息を引き取ったのだという。

苦しまずに死ねたんだ。がんなのに。それだけでも良かった。

妹夫婦が駆けつけ、父の友人たち、葬儀屋などが集まり、段取りをつけ始める。

母とともに、一足先に家に戻り、父が毎日暮らしていたリビングルームのソファをすべてどかして掃除機をかけ、遺体を安置する布団を敷く。やがて葬儀屋が冷たくなった父を連れてきた。部屋のドアに引っかかって担架が入らず、そのまま数人で担いで部屋に入れた。僕もこの手で冷たくなった父を抱えた。

母と妹は枕元に置く飯と団子をつくり、僕は葬儀屋と父の友人たちと葬儀の日取り、もろもろの段取りを相談する。隣にはドライアイスを腹に置いたまま父が寝ている。

とりあえず今晩できることがなくなったところで、皆さんはお帰りになり、僕と母が残った。

さあ眠ろうかと思ったら今度は父のいとこが来た。子供のころから昨日までいつも近くにいた、父の一番の仲良しだった。母と三人で、外が明るくなるまで話をした。

やっと、長い夜が終わる。
いやしかし、昨日に続いて、図らずも長い夜だったな。

ハイボールナイトのお土産にもらった角瓶を取り出す。
炭酸水はあったけど残念ながら冷えていないので入れないことにする。
氷を入れたグラスに注ぐ。

すまんね、俺だけ一杯もらうよ。
父さんは、ハイボールなんてそんなに飲んだことないだろ。
昨日すごいハイボールのつくり方を教わってきたから、今度俺が作ってやろうと思ってたんだけどな。
まあ、酒は医者に止められていたんだっけ。でもちょっとは飲んでたよな。

父とグラスを酌み交わすことはもうない。

でも僕は飲み続ける。願わくば父のように、冷たくなるまで。

----------------------------------

ハイボールナイトでは、ずいぶん貴重なシングルモルトのハイボールも頂戴しましたが、やはり僕は「プロがつくる角瓶のハイボール」が一番しっくり来ました。レモンピールの絞り方なんて、もう、芸術的でね。

あえていうと、バーボンもあったら面白かったかも。まあ、もう切りがありませんけどね。


素人がつくってもそれなりに楽しめて、プロがつくるとすっごく美味しいのが、ハイボール。

それはウイスキーがこの味になるまで費やされた時間が、ソーダの力で一気にはじけ飛んでいくから、だから美味いんだな。

サントリー広報室ブログスタッフのみなさん、お招きいただきましてありがとうございました。
----------------------------------

そういえば、父は角瓶より三歳年下、だった。

m_shike at 00:47コメント(0)トラックバック(1)つぶやき | ウイスキー 

トラックバックURL

トラックバック一覧

先週開催したブロガーイベント「ハイボールナイト by サントリー」ですが、ご参...

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第15回 三遊亭橘也&立川寸志 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント