2005年06月08日

暗黙知という言葉の使われ方にどうも違和感があったのだが、やっと原因が分かった。
@IT情報マネジメント用語事典 [暗黙知]


ポラニーにおける暗黙知はこのようにもともと詳細記述・表出化不可能なものとされており、野中理論における暗黙知とはかなり異なった概念といえる。


違うんだ。マイケル・ポラニー(ポランニー?)と野中郁次郎は。

2005年04月23日

おかげさまでまた書評が。

徳保隆夫さんと T.SHIMさん。お二人ともちゃんとお読みになっていただいた上でのご評価ですので、大変ありがたいのでございます。

徳保さんはブロクでこんなことを。
Amazon カスタマーレビューは著者自ら書いてもよい

…ね?僕も不思議だったんですよ。ちなみにここに「著者コメント」があります。




2005年04月13日

spring_special: 企業がブログを作るワケ

『ブログ人一周年記念特別マガジン・ブログ温故知新』に寄稿。

なんかどこいっても同じようなこと書いているが、一応少しずつ新ネタを入れている…つもり。

ブログ人一周年おめでとうございます。


2005年03月30日

先日とある席で、とあるアルファブロガーが転職を考えているという話になり、そういやブロガーの転職って多くないか?と思ったので調べてみた。


続きを読む

2005年03月04日

小学館漫画賞 贈賞式に潜入。
http://www.current.co.jp/blog/archives/000595.html

http://www.current.co.jp/blog/archives/000596.html

間近で見た川本三郎氏は、やはり村上春樹氏に似ている。

2005年02月26日

昨日今日で「アルファブロガーの飲み会、なんで来なかったの?」と三人くらいに言われた。

そりゃ僕がアルファブロガーじゃないからに決まってるじゃんか。

声がかかれば喜んで行きますが

2005年02月24日

ビジネスブログブック :小林Scrap Book

「俺」のターン - ブログ本立ち読み

もちろん著者としてこの本の出来に100%満足しているわけでもなんでもないので(何せ処女作)、こういうコメントを頂くと、勉強になります。

と同時に「俺もそれ読みたいから書いてよ」と思ったりして。イントラブログの具体事例とか図版のいっぱい入った本とかね。

2005年02月21日

Radical Imagination: ブログ関連本に学ぶ—特に『ビジネス ブログ ブック』(毎日コミュニケーションズ)


今月出た『ビジネス ブログ ブック』(小川浩・四家正紀・上田一吉╱毎日コミュニケーションズ)は、この方面での現時点での最良の参考書だろう。そもそもブログという環境はどのような技術に支えられており、それはどんな働きと意義を持っていて今後どういう方向に進むのか、ということもとても分かりやすく書かれているので、ビジネスなんて関係ないよというブロガーも読むべきだ。またビジネスとうたってはいるが、別に営利ビジネスの領域だけではなく、あらゆる組織(たとえばNPOや市民組織)やプロジェクトのネットワークコミュニケーションに活用できる。


いやあもう、本当にここまでご評価いただけるとは。光栄です。続きを読む

2005年02月20日

のだが…。

ビジネス活用が見えない, 2005/02/17
レビュアー: カスタマー   東京都
ブログについて明確に理解しやくすく説明されているのが素晴らしい。
が、ビジネスへの活用については疑問点が多く残った。

例えば、「ブログを使えばサーチエンジンで簡単に上位に来る」
というが、実態はそう安直ではない。
続きを読む

2005年02月16日

初の著作(といっても共著)
ビジネスブログブック
が出てまして。

街の本屋にはあんまり並んでないじゃん、なんだかなあ。とか思っていたら。

続きを読む

2005年02月13日

oval050219
※参加しているビジネスコミュニティがセミナーやりますのでよろしければどうぞ。けっこう豪華ゲスト。

nikkeibp.jp + OVAL LINKコラボレーション2nd:
オーバルリンク公開セミナー2005
ブロードバンド マーケティングの黎明『メディア カタストロフィ』


ゲストパネリスト: 田口和裕+渋谷慶一郎+高広伯彦+伊藤直也
オーバルリンクパネリスト:前田邦宏+織田浩一+橋本大也
Music Performance: 渋谷慶一郎


昨年に引き続きnikkeibp.jpとのコラボレーションによる公開セミナーの第2弾として、ブロードバンド マーケティングの黎明『メディア カタストロフィ』を開催します。今回のセミナーでは、各分野の専門家をゲストに招き、今生まれつつあるこのメディア+マーケットの変化を「テクノロジー」「コミュニティ」「ビジネス」の三層から掘り起こし、その未来の姿を予見します。


続きを読む

2005年02月04日

執筆の際にお世話になった日産自動車の方のところへ『ビジネスブログブック』を持参。

この方のインタビューは、この本の中のひとつのハイライトです。正直、ここだけ書いていて楽しかった。2時間チャット、2時間編集、後はチェックで出来上がり。

画期的だよなあ。こういう仕事をもっとしたい。
非常にいらついているのだが、そういうものらしい。

そこらの書店の店頭に並ぶのは2/7からだとか。
タグクラウド
メッセージ

名前
メール
本文
サイト内検索
4k主宰落語会『シェアする落語』情報
シェアする落語 第19回 雷門音助 ご予約受付中!
プロフィール

パートナーブロガー 一覧 | アジャイルメディア・ネットワーク
シェアする落語に出演された落語家
管理人に連絡
記事検索
記事カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント